今、読まれています!
スポンサーリンク
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

鬼女


震災の直後、宝くじに当選→私・夫「寄付しよう」→息子の難病が発覚→私(寄付なんてしなければよかった!でも、誰かの役に立ってるならいいか…。)しかし…

583: 名無しさん@おーぷん 2016/03/06(日)12:57:16 ID:coM
リアルでは言えないので吐き出させてください。
酷い暴言かも知れません。不愉快になられる方もいらっしゃると思います。
最初に謝っておきます。ごめんなさい。

震災から5年と言う事で、被災者の現在の心境等が各局で流されている。
その中で防潮堤についての町の人々の不満があった。
町の景観がとか海が見えないとか・・・気持ちは分かる。
きっと以前は素晴らしい景色の中で生活してたんだろうし。
でも「あんなもんいらん」という言葉にイラッとした。

引用元: スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op5

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


地震の最中。私「ぅぉぉぉ・・・」旦那(私を左脇で抱え、右脇で飼い猫、そのまま犬の鎖を外して脱出)私「う、腕にガラスが…」→結果…

833: 名無しさん@HOME 2018/08/10(金) 05:08:56
大阪北部に住んでいるのですがこの間の地震の時 
揺れてる最中「ぅぉぉぉ・・・」って言うだけの私を旦那が左脇で抱え右脇で飼い猫 
そのままダッシュで外に出て犬の鎖を外して広いところに出た 
揺れも収まり近所の人らを声を掛け合っていたときに旦那の左腕を見たら 
煙草の箱ぐらいの大きさのガラスが刺さっていた 
それでも旦那は近所のお年寄りらに声をかけていたので腕のことを言ったら 
興奮していたのかヌン!ってガラスをぬいて旦那はそのまま気絶した

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £123

この記事の続きを読む


義兄嫁が私のお金を盗んだ→家族「そんなことするわけないw」私「同居解消する」→半年後→義兄「嫁が首をつった。遺品から私子の私物が…」

67: 名無しさん@HOME 2015/05/14(木) 04:12:41.15
義兄嫁はガチのメンヘラ。 
でも趣味も合うし基本的には仲良かった。 
義実家に同居してたんだけど(私夫婦、義兄夫婦、義父の五人) 
男家だから女らしい義兄嫁は義父にも好かれている。 

ある時部屋に置いていた私のお金が無くなった。 
基本的に誰かしらがいる家なので外からの泥は考え辛い。 
犯人は結局義兄嫁だったんだけど、その時証拠も無かったし可愛がられてた義兄嫁に、私夫も皆含め味方。 

引用元: 【義兄嫁】嫁同士ってどうよ?119【義弟嫁】

この記事の続きを読む


電車で。片手に酒を持った爺『うるせー!子供は電車に乗せんな!』親子(困惑)女性「うるさいのはアンタや!」爺「!?」→結果…

190: 名無しの心子知らず 2014/01/11(土) 22:58:37 ID:jeS9eRHt
昨日息子と電車に乗ったら、片手にお酒もった爺がいた。 
その横に座っていた三歳位の双子の男の子とお母さんが一言二言小さめの声で会話したら
『うるせー!うるせー!子どもは電車に乗せんな!』って怒りだして
男の子達は泣きそうだしお母さんも子をフォローしながらも泣きそうですごく可哀想だった。 

そしたら私の隣の女の人が
『うるさいのはあんたや。だれがどう見てもあんたや』って言い放った。

引用元: [カチン!]最近あった育児にまつわる嫌な事[ムッカー!]132

この記事の続きを読む


舅の遺言書『義兄以外で相続しなさい』→舅は義兄嫁親に大金を貸していた→義兄「そんな話聞いていない!」義兄嫁「借りた金はもう無い!」→

121: 名無しさん@HOME 2015/12/12(土) 10:28:17.01
義父の遺産相続の話 
夫と義弟が土地建物預貯金を相続するようにと遺言書があり 
義兄嫁が発狂した 
義父は義兄が相続するであろう金額 以 上 のお金を 
 義 兄 嫁 の 親 に貸してあったそうで 
それをチャラにする代わりに義兄には一円も残さないということだった 
ただ、その借金は夫や義弟はともかく義兄も知らなかったようで 
義兄夫婦は離婚話に発展してきた 

引用元: 【義兄嫁】嫁同士ってどうよ?130【義弟嫁】

この記事の続きを読む


姑「ツワリしんどい時は濃い味もいいよ^^」夫「えっ!?オレに作った料理じゃないの!?オレが蔑ろにされているのはお前のせいだ!!」→腹部を刺されてしまい…

635: 名無しさん@HOME 2014/09/01(月) 21:00:39.28
投下しても良いかな?? 

有難いことに家庭に恵まれていて修羅場には困ったことが無い人生 
むしろ人生そのものが修羅場ww 

親の離婚に始まりキャッチボールのようになすりつけられ継母には虐待 
継父には惚れられ実母がただの女に成り下がり嫉妬で狂い 
そんな私の一番の修羅場は 
旦那に妊娠中の腹を包丁で裂かれそうになったこと。 
原因は姑サンが、妊娠中の私に 『精をつけろ』と料理作ってくれたから。 
キチな旦那とは別れ、今はそれなりに幸せです。

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £109

この記事の続きを読む


【嫁視点】体調不良の嫁「病人がいれば看病するでしょ?自分がしてもらったことをしてやればいいのに何故できないの?アナタが自立するまで子供は無理!」俺「そんな…」→


□子づくり拒否

【旦那視点】 【嫁視点】
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

820: 1/2 2015/09/23(水) 13:18:22.85
ルール違反申し訳ない 

閲覧履歴にこのスレがあったので、夫が突然「愛している」と言いだした 
理由がわかった 

先週土曜日から39度の発熱があり伏せっていた 
その数日前まで夫が風邪で寝込んでいたのを看病して感染ったのだと思う 

夫は全快し「鼻づまり解消!健康で食べ物が美味くて幸せ!」とはしゃぎ 
寝込んでいて見逃した分だと言って深夜までPCに張り付いていた 

その後、土曜日の夜に私が発熱でダウン 

引用元: 【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレ46【勇者】

この記事の続きを読む


【旦那視点】体調不良の嫁「病人がいれば看病するでしょ?自分がしてもらったことをしてやればいいのに何故できないの?アナタが自立するまで子供は無理!」俺「そんな…」→


□子づくり拒否

【旦那視点】 【嫁視点】
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


392: 途方にくれる ◆x4i8hcWexI 2016/01/17(日) 14:57:13.99
◆現在の状況 
俺がもっと全体的に自立しないと子供を持つこともできない。 
一緒に暮らすのも段々辛くなってきた。と言われました。(´・ω・`) 

◆最終的にどうしたいか 
悪いところは治したい。でも自分の悪いところがよくわからない。 

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
34歳・事務・400万前後。 

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 
32歳・パート・90万くらい? 

引用元: 【フシアナ】逃げられ寸前男の駆け込み寺 324【必須】

この記事の続きを読む


夫原因で不妊→私「寂しいから犬を飼いたい」夫「実家に帰るときに困るから却下」私「仕事したい」夫「子供が欲しいからダメ」私「そんな…」

806: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/06/22(金) 23:17:15 ID:O8JFGChQ0
こんなことを相談するのは夫にすごく申し訳ないけど、結婚してから3年目になって、生まれて初めて独り暮らしをしてるような気分で毎日すごく寂しい。 

結婚が遅かったのと、父親の会社で働いていたので独り暮らしをしたことがなく、焦ってはいたけど実家は5人家族。 
兄夫婦が家から5分の所に住んでいたので、甥姪もいてすごく楽しかった。 

夫の事は大好きで結婚したことを後悔したことは一度もないし、夫の為ならなんでもしようと思える。 

でも転勤を気に結婚して、子供もいないまま3年間。 
夫は8時に出たら23時頃まで帰ってこない。 

引用元: 既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)スレ411

この記事の続きを読む


小姑が食べ物の盗み食いをする→旦那「なんだ、そーんなこと!w」私(ボコボコ)旦那「別れる!こんなことでなぐられるなんて!」

938: 1/2 2012/04/24(火) 22:21:32.45
同居中のコトメ(儀両親鬼籍・毒・食費は別)も食べ物の盗み食いが最初本当にひどかった・・・。 
食べる?とこっちから聞くときは絶対食べないくせに、
忙しい時にこっちが食べるつもりで用意していた料理とか、無断でペロッと食べてあと知らん顔。 
マイペースなだけで悪気はないらしく菓子類なら笑って許せたが食材とか 
夕食のおかずを勝手に食べられると予定狂うから本当にしんどかった。 

仕事の超繁忙期なのに熱出てやっとで帰ってきたある冬の夜。 
作り置きのおかずを全部食べられてた。その日はそれをアテにしてたので 
冷蔵庫には食材もほとんど残っていない。 
旦那に『今日の夕食全部消えた。外雨降ってるけど何か買いにいかなくちゃ』 
というと、旦那は『なんだ、そーんなこと!』と鼻で笑った。 
瞬間に何かが切れた。 

引用元: 【宣戦】義実家にしたスカッとするDQN返し 227【布告】

この記事の続きを読む