今、読まれています!
スポンサーリンク
記事カテゴリー
月別アーカイブ
☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

老人


爺さんの原付きがDQNの車に衝突!爺『ワシは悪くない!そこに停めてるお前が悪い!年寄りいじめて楽しいか!?』DQN「はぁ?」→すると…

239: おさかなくわえた名無しさん 2005/04/04(月) 19:27:44 ID:oJF8z8wU
コンビニ入ろうとしたら、前の駐車場で何かもめている。 

ぶつかってへしゃげている原付、駐車している車の後ろが少しへこんでいる。 
そばでもめているヤンキーっぽい兄ちゃんと、爺。どうやら爺の乗った原付が 
停めている車にぶつかった模様。 
ヤンキーの兄ちゃんは見かけとは裏腹の静かな口調で、警察呼ぶか、自費で 
払うか聞いている(当人に怪我はない模様) 

爺は、兄ちゃんの口調が大人しいので、舐めたのか、 
「わしは悪くない」「そんなところに停めてるのが悪い(ちゃんと駐車コーナーに 
停めている)」とどめが「年寄りいじめて楽しいのか?」 

引用元: 新・マナーの悪いドキュソ高齢者逝ってよし!! 杖18本目

この記事の続きを読む


【高齢者ドライバー】セルシオが俺の車に激突!爺さん「当たったか?」俺「見たら分かるでしょう」爺「こっちにはあんまり傷ないから」→埒が明かないので通報すると…

728: 名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水)21:39:52 ID:KTu
最近高齢者の事故が多く報道されてるけど、田舎在住の自分には「当たり前」の事のように感じる・・・

自分が19歳の頃、バイト代やお年玉、不意なお小遣いなんかを貯めてた貯金から車を買ったんよ
当時凄く好きだったホンダのシビックという車で、結構状態のいいものを知り合いの車屋さんに紹介してもらった
休みの日は毎回色々なところへ出かけた
友達や家族を連れてコスモス見に行ったりおいしいもの食べに行ったり

ある日、ちょっと大きな道路で信号待ちをしている時、左前方の駐車場から物凄い勢いでバックしながらセルシオが飛び出してきた
一切ブレーキをかけることもなく、そのままの勢いで自分の車のフロントに突っ込んで停車
その後もなぜかガツンガツンとバックを繰り返し、既にグチャグチャになった左フロントが更にゆがんでいった

引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ8

この記事の続きを読む


【気の毒】夏のクソ暑い時間に、バス停でへたり込んでいる婆さんを発見→俺「大丈夫?どっから来たの?」婆さん「(理解不能な言葉)」→面倒なことに・・・

130: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/08(木) 16:58:20.68 ID:pFlL0+au.net
5年程前なんだが、婆さんを保護した時が修羅場。 
夏のクソ暑い時間に家の近所のバス停にへたりこんでいる婆さんがいた。 
住んでいる所って、戸建てが20軒程のしかも開発されて数十年の住宅地。 
住人も中高年、爺婆がほとんどで、開発当初から住んでいる世帯ばかり。 
なので、何処の家の住人かと見てみれば全く見覚え無し。 
同じ時間にバスに乗る住人も後からやって来て、同じく首をかしげているが熱中症で倒れられても後が面倒なので一人が思いきってどこから来たか尋ねると、 
理解不能の返事。 


引用元: 今までにあった修羅場を語れ 37話目

この記事の続きを読む


【修羅場】老人『若者は席を譲れ!』私「甲状腺の病気なんです…」→薬手帳を見せる→老人『ワシも薬飲んどる!お前の会社に言いつけてやる!』私「!?」

675: 名無しさん@おーぷん 2016/09/01(木)01:52:30 ID:IsW
公共交通機関で老人に席を譲るべきという意見は間違いとは思わない
だけど若い人は譲るべきだという意見は受け入れ難い

私は若くて20代で元気そうに見えるけど、甲状腺の病気で常に疲弊状態
治療はしているけど数値が下がらずに心拍数と体温が高く、思うようにならない
常にマラソン、調子の良い時で小走りをしている状態と医者には言われている
しかも生まれつき関節が弱くて、足にはずっとサポーターを巻いてる
歩くことはできるけど実際に走ったりはできない
そして不幸なことに、私はタレ目タレ眉ガリで気が弱そうに見え、絡まれやすい見た目をしている



引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part48

この記事の続きを読む


【図々しい】電車で。ハイキング帰りの老人「最近の若い者は!年寄りを立たせても平気なんだから!」私(立つかな…)→すると若者が…

65: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/19(日) 10:32:15 ID:k0Rd+Jib
電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。 
私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。 
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。 
彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。 
若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。 


引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第107話



この記事の続きを読む


私「ウトさん車で何度も逆走したし、もう運転しないで?」ウト(ブチ切れ)トメ・夫「言っても聞かないから黙ってろ」→ムカッときて‥

618: 名無しさん@おーぷん 2016/11/06(日)21:08:21 ID:GWd
愚痴です。
横浜で起こった87歳のじいさんが運転してて児童の列にトラックで突っ込んだ件、
旦那と意見が全く合わない。
旦那の実家は田舎ではないが不便なところで、閑静な戸建住宅地で日常の買い物は
徒歩だとかなり歩かなければいけない場所。
おまけに高台なので自転車もキツイ。

引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part54



この記事の続きを読む


貧血で譲って頂いた席に座ってると→BBA「老人絶たせて座ってるわよw今の若い子は…w」私「…」→すると、おじいさんがBBAに近づき…

323: おさかなくわえた名無しさん 2007/04/21(土) 19:03:55 ID:1S8uDpc1
254 名前: おさかなくわえた名無しさん Mail: sage 投稿日: 2007/04/21(土) 10:59:55 ID: BIAlOrMp 
電車で帰省していた時のこと。 
 結構まんべんなく人が座っているくらいの乗車率で、私は優先席付近に立っ 
ていたのだが、貧血を起こしてしまい床にしゃがみこんだ。 

 すると優先席に座っていた老夫婦の片方(おじいさん)が席を譲ってくれ 
た。私も最初は遠慮したが「わしは健康だけどアンタ具合悪そうだし、優先 
席はジジババの為だけのもんじゃないよ」と言って下さったし、おばあさん 
のほうも勧めて下さったので座らせてもらった。貧血が回復したら立つか移動 
しようと思いながら。 
 

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(51)



この記事の続きを読む


【報告者乙】無くしたはずの娘のポーチを持ってる子が居た!!→私「あの、あれ私のなんですが…」先生「あれは頂き物だと伺ってるのですが?」私「そんなはずないです!だって…」

37: 名無しの心子知らず 2007/09/19(水) 14:55:11 ID:vYqCF5f7
先週、娘の通園バッグにつけていた子バッグというかポーチがなくなった。 
せいぜいティッシュとハンカチが入る程度で、 
バッグの布とは共布ではなく、子バッグなので実用性はほとんどなし。 

大事にとっておいた思い入れのある布(自作)で作ったので凹んだんだけど 
それ以上に娘が凹んでいたので、別の布で同じような物を作ってあげた。 
で、昨日娘を園にお迎えに行ったら失くしたポーチを持っている子がいた。 
先生に事情を話したところ、先生は困惑。 
 

引用元: 【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ25【万引】



この記事の続きを読む


夫の祖母が入院しているのでお見舞いに行くと夫祖母がこわばった表情…なんと動けない様に車椅子に拘束されていた!!!

461: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/30(火) 14:29:49 ID:1SeDWRnK
わりと最近の話。 
旦那のおばあちゃんが脳梗塞を起こし、救急車で運ばれて入院した。 
入院して2日後くらいに夫と息子とお見舞いに行ったら、処置が早かったおかげか 
体の麻痺もほとんどなく、普通に会話もできてしっかりしていたので、一安心した。 

さらに2日後に、またお見舞いに行ったら病室には姿がなく、車椅子に座らされてナースステーションにいた。 
夫が「ばあちゃん」と声をかけたら、振り向いたのだけど表情がこわばって様子がおかしい。 
よく見ると車椅子に拘束されている。 

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 66度目

この記事の続きを読む


【ほっこり(´∀`*)】手動ドアのコンビニに行ったらヤンキーな兄ちゃんがドアを開けっ放しで出ていき(なんだコイツ…)と思っていると…!!!

403: 名無しさん@どーでもいいことだが。 05/03/13 15:04:49 ID:/iVsxCjo
そ、それじゃ、ついさっき目撃した(*´∀`)な話でも。 

コンビニに入ったのよ。ドアが自動ドアじゃなくて手押し式のとこ。押しても引いてもどっち側にも開くタイプの(スイングドアって言うんだっけ?)。 
で、自分がドアを開けようと思ったら、中から出てきた若い兄ちゃん(見るからにヤンキー)が、無言のままドアをぐいっと押し開けて、開いたまんまにして出て行ったのよ。 

なんだこのガキ、開けたら締めるのが礼儀だろうが!と内心むかっとしつつ、自分が中に入ってドアを閉めようと思ったらさ。 
杖ついたおばあさんがよぼよぼ歩いてくるんだよ。 

引用元: あなたの心がなごむとき~第19章

この記事の続きを読む