今、読まれています!
スポンサーリンク
記事カテゴリー
月別アーカイブ
☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

父親


【復讐】俺「DQNにカツアゲされた」父「なんとかしてやるから」→教師「バシンっ(ビンタ)」DQN「すみませんでした」→さらに父はあることをもみ消して…

565: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 12:33:08.06 ID:XXNRsPXT.net
自分じゃなくて自分の父親の武勇伝……だと少なくとも息子の俺は思っている話。 

小学生の頃、カツアゲされたことがある。たしか小4だったはず。 
お小遣いの千円握りしめておもちゃ屋に行く途中で
おそらく中学生ぐらいの二人組にカツアゲにあってその千円を取られた。 
悔しいのと悲しいのとで家に帰ったら思わず
ワンワン泣きだしてしまったら両親が当然心配して来た。
泣きながら、カツアゲされたことを伝えた。 
ただ恐らくカツアゲしてきたDQNも知らなかったんだろうな。
俺の父親が中学教師、それも結構地元の市で偉い人間だ、ってことを。 


引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(130)



この記事の続きを読む


【鬼畜すぎる】私は母と従兄の子供だった→私(それでも関係ない!従兄くんが好き!)妹「従兄くんと結婚する!」私「ハァ?」→

121: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/31(日) 06:48:09.38 ID:EFG1USPy.net
父親と血がつながってなかった 
私達三兄弟は母と母方従兄の子だった 
それを知ったうえで、私は従兄と密通していた 
妹が親子婚だと知らずに従兄と結婚した 
私は結婚して遠方に引っ越して子を産んだが、それが従兄の子だということ 

何一つばらせない秘密

122: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/31(日) 07:19:41.91 ID:VZ3492PU.net
>>121 
鬼畜すぎる


引用元: 墓場まで持っていく話を書き込むスレ第27話



この記事の続きを読む


【壮絶】俺「本当の父親を知りたい」弁護士「遺伝子検査を勧める」→結果『母と祖父の子』俺「うわぁぁあ!!(号泣)」→現在・・・・

251: ななし@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 23:15:19.33 ID:E5eo4p7U.net
大学に合格後暫くして母親が事故タヒした。
夕食の買い忘れを買いにいった帰りに、開かずの踏切で跳ねられた。
地元の人間は遮断機が降りた後も渡ったりしてたから、タイミングが悪かったんだ。 
数年前に父親が事故タヒした。痴呆になった祖父の介護のために田舎に帰ってたんだけど、
峠道から崖下に堕ちた。ブレーキ痕から、
何かの動物を避けようとして堕ちたんだろうと説明された。 

祖父は田舎の墓に納めた。永代供養も頼んである。 
父親は、母親と同じ納骨堂に入れた。父親が頻繁に詣れる様に決めた所だ。
一人息子の俺を大事に育ててくれた仲の良い夫婦だったから、
あの世でよろしくやってくれたら良いと思う。 


引用元: 墓場まで持っていく話を書き込むスレ第26話



この記事の続きを読む


【嫌悪感】私が風呂に入っているのを分かりながら乱入してくる父。私「気持ち悪い!確認してよ!」父「仕方ないだろ!」→モヤモヤする…

675: 名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火)01:26:43 ID:yMG
あーだめだ。
父親にまた風呂場でハダカを見られた。
たまたま風呂のドアを開けた状態で泡がついてたから
そのままシャワーで流してたタイミングで入ってきた。

風呂場に誰かいることは引き戸が閉まってるから分かるはずだし、
風呂場の中を覗く前に入口からドアが開いてることは分かるはず。
カゴに私の着替えが入ってるしドアが開いてると分かった時点で
こちらを振り向かずに通ることもできたはず。
今回は私の不注意だけどそのまま入ってきた挙句「なんで開けてんの?笑」
前もよく脱衣場にいる時に引き戸を開けてきた。



引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part81



この記事の続きを読む


【復讐】父が見知らぬ女とホテルから出てきた→私(あの堅物の父が!)兄「婚約者を紹介したい」→衝撃の展開・・・・・

62: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)17:37:36 ID:0i5
今まで生きてきて3番目に衝撃的だった出来事は
渋谷の道玄坂で父と知らない女がホテルから出てくるのを目撃した時だった。
当時私は20歳になったばかりで、自分も彼と入るところだったから(w)
なんとなくバツが悪くて黙っていたが、あの堅物の父が!!!と衝撃だった。
で、2番目に衝撃的だったのは、それから2年ぐらい経って
兄に紹介された婚約者がその女だった時。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その5



この記事の続きを読む


娘「妊娠した」彼氏「別れる!」娘「大手企業に就職した元彼くんと復縁したい!」嫁「俺さんも協力して!じゃなきゃ私も家事しないから!」俺(呆然)

463: 名無しさん@HOME 2015/11/17(火) 19:26:22.94
余りに理解不能なので少し意見が欲しい。特に女性の方の意見が。 

うちの娘はそれこそ10代中盤から付き合ってた彼氏がいたんだが 
ちょうど大学卒業と同時くらいに別れた。 
娘は他に好きな人が出来たと言っていたが、恐らくそれは半分本当で半分嘘だろうと思う。 
確かに娘の新しい彼氏は娘の元彼よりいかにも女にモテそうな(悪く言えば遊び人)タイプだったが 
同時に一流企業勤め。逆に娘の元彼氏は就活の年に震災があったせいで 
就活に失敗して、零細企業にしか行けなかった。 
彼氏は別れたくないと言ったようだが、娘は言葉は悪いが一方的に捨てたらしい。 



引用元: 離婚する程でない夫婦間の悩みを相談するスレ118



この記事の続きを読む


【幸あれ】父のウワキが原因で両親が離婚→30歳を超えたとき…女「あなたの妹です。父が危篤で会いたがってる」俺「行けません」→しばらくして…

1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水)17:53:46 ID:qiA
俺が4歳の時に両親が離婚。父親の浮気が原因だと聞いてる。
小4の時に母親が病タヒ。母方の祖父母に引き取られて成人。
社会人になって数年で祖父母もタヒんで、更に三十路を超え、その間父親からの連絡は一切なし。
浮気相手と再婚したという伝え聞いた情報以外はどこで何をしているかも知らないし
俺は天涯孤独だと思ってた。

2: 名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水)17:54:18 ID:qiA
そしたら半年ぐらい前に突然俺の妹を名乗る女性から電話がかかって来て
「父が危篤であなたに会いたがっている」
と言う。
俺は父親に愛着も未練もなかったから、
「ご連絡いただいたことは感謝いたしますが、私は会いに行くつもりはありません」
と断りの返事をした。


引用元: 再婚した父親が死んで、急に妹ができたがどう接していいかわからん



この記事の続きを読む


【不幸中の幸い】父の足音(スタッ→ズリ→スタッ)私「疲れてる?」父「まぁな」私「やっぱりおかしい!病院行こう!」→衝撃の事実が発覚・・・・

687: 名無し 2016/07/01(金)23:57:01 ID:Thh
私も病気関連で最大な修羅場を五年前にしたわ。

私は誰からも見ても凄く父親好きというぐらい父親好き。
今も28になっても映画や商店街巡りとかするぐらいだから、
気持ち悪いのだがこの気持ち悪いお陰で父親の命を救った。
その時が最大の修羅場だった。

その日は金曜日で父親が会社から飲み会帰りで夜遅くに帰ってきた。
母親は寝てて私が父親を玄関に迎えに行くといつもと父親の足音が違うことに気がついた。
いつもはスタッスタッて感じなんだけど、
この日はスタッ→ズリ→スタッって感じで妙な違和感があった。


引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ7



この記事の続きを読む


【あ然】父「学校帰りに婆ちゃん家に行け」祖母「ほんとに来やがった!図々しい!」→無理矢理車に乗せられ、連れて行かれた先で…

314: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)09:28:47 ID:URN
うちの母親と父方の祖母が仲が悪くて、
顔が母親そっくりの俺もわかりやすく嫌われてた。
けど親父はエネ夫ってやつで祖母の暴言なんかを
「おふくろに悪気はない。」とか
「本当はお前(俺)を愛してる。表現が上手く出来ないだけ。」と言い張る。




引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その9】



この記事の続きを読む


【復讐】フリンの末、俺と親父を捨てた女と再会→女『すべて(親父)の責任!』『でも男に捨てられて…』俺(ざまぁみろ。絶望させてやる)→

183: 名無しさんといつまでも一緒 2006/12/21(木) 18:11:43
俺の母親も俺を捨てたクチ。親父は養育費を請求していた 
親は離れた所に住んで居たから 
2,3回位しか逢っていなかった。 
中学の時、親戚の法事で真実を知り、それ以来面会を拒否。 
養育費は打ち切りになった20歳の時 
親父は俺に養育費の通帳を渡した。手は付けてなかった 
俺は全額銀行から下ろして、母親と喫茶店で待ち合わせた。 


引用元: 不倫されて離婚。間男、元嫁のその後



この記事の続きを読む