Pickup
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

父親


【壮絶】父の仕事仲間が事故に遭い、薬物反応で陽性が出た→会社「社員全員尿検査します」父「やっべwwwwww」→警察が家宅捜索しに来て…

76: 名無しさん@HOME 2015/09/05(土) 17:23:08.74
現在、私23歳。40代後半の母と15歳の弟とアパート暮らし。 
ネタくさい書き方なのはごめん。 

2年前の下旬に父親の仕事仲間(A男)が交通事故を起こした。 
トラック同士の事故でA男重体。相手はどうなったか知らない。 
入院したA男、検査を受けるとなんと覚せい剤反応陽性。こりゃ大変だってことで、社員全員尿検査。 
父親だけ逃亡wwwwしやがるwwwwwww 
そして警察が家宅捜索しに来て、父親の部屋から小瓶に少しだけ入った透明な水溶液と、少しだけ中身の入った注射器が見つかる。 
それらはそのまま押収。 

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £117

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


父親が漫画家なんだが‥彼女「そんな漫画描く人と家族になるのは怖い。別れてほしい」俺「フィクションと現実の区別つかないの???」

911: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)12:48:44 ID:yUh
愚痴です
父親の職業で彼女に振られた
父親は漫画家で所謂成人向け漫画を描いてる
彼女にはその話をしてたんだけど理解をしてもらってた
結婚も考え出したとき、彼女がどこからか聞いた親父の漫画を読んだらしい
親父の漫画の内容は結構ショッキングだから伏せてたんだよ。
そんな漫画描く人と家族になるの怖いっていって振られた
フィクションと現実の区別つかねーのかよってちょっと引いた

引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part91

この記事の続きを読む


【酷すぎる】余命宣告された母「大部屋から個室に移りたい」父『ダメだ。どうせタヒぬやつに高い部屋代を払えるか』兄「父さんなんか嫌いだ!」→

185: sage 2009/02/03(火) 00:10:51
初めて投下します 
携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。 
兄から聞いた話で私は今回初めて聞きました。 

普段からお金に細かい父。 
数年前母が余命宣告され入院中のこと。(大部屋) 
精神的に参ってた母は 『個室にうつりたい』と父に頼んだそうです。 
そしたら父は… 『どうせタヒぬやつに高い部屋代払えるか』と聞き入れなかったそうです。 
私は学生だったので知りませんでしたが 
兄はそれ以来父を嫌い、全くといっていいほど連絡も取っていないようです。 

父よ、それって人道的にどうよ?!ちょっと父を見る目が変わってしまいました。 

引用元: ★発見!せこいケチケチ親族★その2

この記事の続きを読む


外国人の父「か・た・つ・けぇーnusai!」私(カタコトだから全然怖くない)父「アッラーフアクバル!!」私「!?」→完全にナメてた・・・・

305: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/26(火) 22:18:51 ID:iTnK2SqL
父親がパキスタン系イギリス人。幼少期に、全く片付けをしない姉と私と弟をカタコトの日本語で怒ってた。でも、大人しいし優しいし、何よりも日本語が激ヘタ、日本人の母のが全然怖いから私らは父親を完全にナメてた。 

かたつけなさい!が特に言いにくいらしく、音をイメージすると、か・た・つ・けぇーnusai!みたいな感じ。全く怖くないから全員ずっとずーっと無視してダラダラしてたら、父親がある日ブチ切れた。 
アッラーフアクバル!!と叫び、アパートの薄い壁を思い切りパンチして、拳から血をダラダラ流しながら、我々の顔に自分の濃い顔を近づけ、がっ!だっ!つっー!けーnusai!!と何回も言う。 

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 90度目

この記事の続きを読む


【壮絶人生】父親からのギャクタイでPTSDに→私(もうタヒのう…)目撃者「救急とKサツ!!!」→寝たきりの生活になり、離脱症状が出て…

468: 名無しさん@おーぷん 2016/05/24(火)12:35:06 ID:pbj
2ちゃん書き込み始めてスレチかも
もしスレチだったら誘導して

自分が精神崩壊してジサツしたこと
言い方悪いけど失敗して後遺症で脊髄損傷になって現在車いす生活
今ももちろん障害あるけど普通に正社員で仕事して、同じ脊髄損傷の人と出あい結婚した。

精神崩壊してやってしまった自分がスレタイ

469: 名無しさん@おーぷん 2016/05/24(火)13:37:41 ID:5ry
kwskしてもいい?
どう言ったことがきっかけ?脊髄損傷ってことは飛び降り?



引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その13

この記事の続きを読む


父が私と同年代の女と再婚すると言う→私「あの人とはやめておいた方がいいよ…」父「彼女ちょっとシャイなんだ」→2年後・・・・・

20: 名無しさん@おーぷん 2016/08/17(水)17:28:37 ID:hRj
数年前、父親が再婚した。
私の実母は、私の成人後間もなく癌で他界してる。
父が一人暮らしになってからは、私の結婚後も2か月に一度は電車乗り継いで様子見に行ってたけど、
父の口から結婚の話が出るまで全然そういう人が父にいると知らなくてビックリした。
ただもう母も亡くなって10年以上だし、父が良いと思う人ならとその場ですぐ祝福した。

「一度会って欲しい」と父に言われて、父の相手と実家で会った。
父の会社の同僚の娘さんだとかで、私とほぼ同じ歳でまたビックリした。
ほぼ同じ年なのに、シミだらけの首元ヨレヨレのTシャツにジーパンとかで、
「どーも」と頭下げた後は、自己紹介しても話を振っても黙ってる人でまたビックリした。

引用元: 【チラシより】カレンダーの裏 16□【大きめ】

この記事の続きを読む


【ツンデレ(*´∇`*)】体調不良で早退した日。いつも不機嫌な父「嫁ちゃ~ん」私「!?」父「今日の夕飯なに~?」→聞いたこともない甘え声に思わず…

101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/08(金)17:15:01 ID:7jj
父に私の知らない顔があったこと。

父は強面で、口はへの字で眉間にはシワを寄せていつも不機嫌そうな顔だった。
母に対しても「おい、新聞」だとか「お前、耳掻きどこやった?」だとか、偉そうな口ぶりで指図してた。娘である私も父の笑った顔なんか見たことないし、物心ついたときから父が怖くてあまり喋った記憶がない。
対称的に母は穏やかで、どれだけ父が怖い顔してようがニコニコ笑って父の指図に応えてた。「お父さんはああいう顔なのよ」って言ってたけど、私は常になまはげに見張られてる感じだった。


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11

この記事の続きを読む


【衝撃の展開】父「頭痛がする。病院に行きたい」私「こんな夜中から面倒くさい!」→それから数日、父が部屋から出てこなくなり・・・・

280: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 20:58:05.45
黒い過去かぁ。 
同居していた父を見ゴロしにした事くらいかなぁ。 
父は晩年アル中になり暴れはしないものの1日中飲んで
灯油ストーブの目の前で寝てたりガスコンロを付けっぱなしだったり
寝煙草したりが日常で心底ウンザリしてた。 
亡くなる1週間程前に夜中に頭痛がヒドイから病院に連れてってくれって言われたけど断った。 
ある日の朝なんとなく気配がない気がして父の部屋の襖の隙間から覗いたら寝てたから気にしなかった。 


引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去 48

この記事の続きを読む


【報告者に罪はない】初経がきた私に…家族「お前は子供を産んでも、タヒんだ母親みたいになるから、産むなよ」私「生まれてきてごめんなさい」→衝撃の事実が発覚・・・

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:51:06.05 ID:OICxeYSW.net
書き留めていないので遅くなります。 
身バレが怖いので若干のフェイクを入れさせていただきます。 
御了承ください。

4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:54:13.56 ID:OICxeYSW.net
自分が父親の子供ではないと知ったのは25歳の時でした。 
母親はタヒんだと18まで聞かされていたのですが 
生きていると知ったとき、私はこれは触れてしまったらいけないのではないかと 
思い一度も口に父や祖父母にその話をしたことはありませんでした。 
私は、父と祖父母に育てられて行きましたが 
何故だか邪険にされていた理由がやっとわかりました。

引用元: 托卵されて育った子供だけど語らせてほしい、あと質問があれば。

この記事の続きを読む


【修羅場】母「お父さんが!お父さんが!」私「!?救急車呼んで!!」→ぐったりした父「乗らない。帰ってください!」結局自分たちで病院に連れて行くことになり…

830: 名無しさん@おーぷん 2017/12/26(火)17:55:29 ID:WfI
5年前に起きた出来事。
父が脳梗塞で倒れた。
深夜、突然母に叩き起こされて物凄い形相で手伝うように言われた。
両親が寝起きしている和室に向かうと、部屋中に排泄物の臭いが充満していて父がグッタリしている。
すぐに母が呼んだ救急車が到着したけれど、意識を取り戻した父が救急車に乗ることを拒否して大変だった。
どう見ても大丈夫ではないのに、「大丈夫です」「帰ってください」と救急車を帰してしまった。


引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その24】

この記事の続きを読む