今、読まれています!
スポンサーリンク
記事カテゴリー
月別アーカイブ
☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

泣ける話


私(膝に顔を埋める)子供「どしたの?」→顔を上げさせて頭をナデナデ→子供「よしよし」私「えっ誰から教わったの(`;ω;´)?」

546: 名無しの心子知らず 2019/01/05(土) 21:17:44.33 ID:qr+N/spY.net
私が膝に顔を埋めてると顔をあげさせて頭を撫でてくれる 

誰が教えたの?自分で考えてるの?可愛すぎる 

頑張って生きるよ

引用元: -可愛くて可愛くて-40

この記事の続きを読む


大学のサークルの女の子とサシ飲み。俺「麻婆豆腐作った」女の子「うっ…うっ…(泣」俺「辛かった!?」女の子「違うの、お父さんの味がするの」→話を聞いてみると・・・

295: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/19(水) 02:56:48 ID:bCPhNpxr0
寝れないから書かせてくれ 

学生の時、サークルの中で自宅サシ飲みが流行ってて、それがきっかけなんよ 
田舎の大学でほのぼのしたサークルでさ、男女関係抜きにただ2人で話すだけでさ 
それをみんなでローテーションするみたいな事でさ 

引用元: 【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その24

この記事の続きを読む


子供2人がボロボロな姿で放置されていた。俺「親は?何食べてたの?」子供「こっち…泣」俺(なんだ?)→嫌な予感が的中・・・なんと・・・


※衝撃的な内容となっています。ご了承ください。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/12/20(水) 17:01
3年前の話。 
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。 
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど 
子供が2人置いてかれてた。 
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子 
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく 
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。 
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って 
聞いても答えない。 

引用元: 師走 ・・・夜逃げ・自己破産・差押さえ

この記事の続きを読む


【驚愕】感情の起伏が激しくドジな母が急に倒れた。医者「脳にグレープフルーツサイズの腫瘍がある」私「!?」→手術した結果・・・・

422: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)14:25:41 ID:4Ea
母の味の話。
私の母は家事が苦手な人で、家のなかはぐちゃぐちゃ、散財はするし、料理はあまりできなかった。すぐ怒るしすぐ泣くし、理想のお母さんではなかった。でも、私もお姉ちゃんも妹も母のことが大好きだった。
私が高校生の時、母がパート中に倒れた。あれよあれよという間に入院、脳にグレープフルーツぐらいの腫瘍が見つかった。父と母が結婚する前から出来ていたようだ。手術をして腫瘍を取ったら、怒りっぽかった母は優しくなった。

引用元: 何を書いても構いませんので@生活板57

この記事の続きを読む


【`;ω;´】祖父が癌で入院。俺「どうしても今日お見舞いに行きたい!」親「来週ね」→翌日、祖父がタヒんだ→俺(号泣)それから1年くらい経ったある日…

1: ◆NRn25ivBG. 2014/09/29(月)21:41:18 ID:ZaZ3B7KGo
ちょうどもう少しでじいちゃんの命日だから
俺が経験したことを話していきたいと思う

6: ◆NRn25ivBG. 2014/09/29(月)21:43:42 ID:ZaZ3B7KGo
それじゃぼちぼち書いてく
当時俺が中1の時の話
じいちゃんは全身にガンが転移してて、医者にもそんな長くはないと言われていた。

7: ◆NRn25ivBG. 2014/09/29(月)21:45:49 ID:ZaZ3B7KGo
じいちゃんが入院してる病院は俺が住んでるところから少し離れていたが、週1でお見舞いに行っていた。

引用元: じいちゃんと俺の不思議な話

この記事の続きを読む


【涙腺崩壊】本屋で。私『一番ほしいの選んでいいよ^^お姉さんがプレゼントする!』彼の娘「…(私の手を握って震えている)」私「どうしたのー?」すると…

115: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)08:49:46 ID:AxR
娘が結婚したの。
娘と言ってもね、婆とは血が繋がってないのよ。
娘が4歳の時、婆がママになったの。(本当の母親は1歳になる前に他界したのよ)

爺は子供がいることで婆との結婚になかなか踏み切れなかったみたいなのね。
婆はそんなの関係なく爺と結婚したかったのだけど。
ある時婆と爺と娘とで買い物に出掛けた時に、爺が急用で30分ぐらい会社に行ったの。
その間娘と一緒に本屋さんで時間潰したんだけど、とっても良い子だったから
「一番欲しいの選んでいいよ。お姉さんがプレゼントする」って言ったのね。

引用元: ■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.21

この記事の続きを読む


【涙腺崩壊】医者「お母様の余命は三ヶ月です」俺「生体肝移植はできないんですか?」医者「手術するなら今しかないです。頑張れますか?」俺「ハイ!」→結果…(後編)


□母が肝硬変になったシリーズ

【前編】【中編】 【後編】 
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


56: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:43:51.52 ID:s8S6PYXy0.net
次の日の朝、7月19日。 

家族3人で担当医師のところへ行くと、カウンセリングルームへ通された。 

その部屋には俺ら3人のほかに医師やコーディネーターさんなど7人くらいいた。 

直感で良くないことなんだと思った。 

良い知らせなら担当医師1人で充分だ。 

悪い知らせだからこそ、フォローするためにこんなにたくさんの人がいるんだろう。 

医師がゆっくり説明しだした。 

引用元: 俺の人生で一番しんどかった出来事を聞いてくれ

この記事の続きを読む


【涙腺崩壊】医者「お母様の余命は三ヶ月です」俺「生体肝移植はできないんですか?」医者「手術するなら今しかないです。頑張れますか?」俺「ハイ!」→結果…(中編)



□母が肝硬変になったシリーズ

【前編】【中編】 【後編】 
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


29: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:27:03.89 ID:s8S6PYXy0.net
引越しの日程も決まり、5月31日入院の日を迎えた。 

なぜか母親は、俺や妹や父親よりも後に、最後に家を出ようとしてた。 

俺は玄関先でドアを開けたまま、早く行こうと促した。 

母親は家の中を軽く見回して、フゥとため息をつき、猫2匹に「ちょっと行ってくるからね。いい子にしとかなあかんよ」と言って猫2匹の頭を指でちょんとつついた。 

引用元: 俺の人生で一番しんどかった出来事を聞いてくれ

この記事の続きを読む


【涙腺崩壊】医者「お母様の余命は三ヶ月です」俺「生体肝移植はできないんですか?」医者「手術するなら今しかないです。頑張れますか?」俺「ハイ!」→結果…(前編)


□母が肝硬変になったシリーズ

【前編】【中編】 【後編】
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:05:11.35 ID:VLVsfqmU0.net
2年前のことだけど、今後同じ経験をする人がいるかもしれないので書いておきたい

3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:05:32.90 ID:7L9JU1ZP0.net
ならロダにまとめてあげて

5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:06:55.46 ID:s8S6PYXy0.net
>>3 
すまん。めったにこないので「ロダにまとめてあげる」というのがもひとつよく分からない

8: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:08:54.76 ID:s8S6PYXy0.net
2012年に入ってすぐくらいから奇妙なことが起きだした。 

すれ違った人の顔が一瞬母親の顔に見える。 

引用元: 俺の人生で一番しんどかった出来事を聞いてくれ

この記事の続きを読む


酔っぱらいに絡まれている女性を救出→俺(あー…タヒんだ嫁から最後にもらったシャツだったのに…破けちゃったか…)→その夜、不思議な夢を見た・・・

362: 本当にあった怖い名無し 2007/09/09(日) 14:00:00 ID:FQ8MKZb6O
不思議なことってあるんですね。 
興味はあるんですがまさか自分が経験するとは思いませんでした。 
皆さんの素敵な話を読んでいつもへーって思ってた口で。 

先日、酔っ払いに絡まれてる女性がいて助けました。 
その時、酔っ払いに引っ張られて、 
シャツの生地の縫合部分が裂けました。 
その日に限って病気で亡くなった妻が、 
私の誕生日にプレゼントしてくれたシャツを着てました。 
最後の妻からのプレゼントだったのでショックでした。 

引用元: ◇ 心霊ちょっといい話 ver.11 ◇

この記事の続きを読む