523: 本当にあった怖い名無し 2009/12/03(木) 20:31:26 ID:BZo7Jb+o0
オカルトではないけど歴史の話でちょっと面白かったので投下 
まぁ怖い話と言うかウチの地域(山間部)で実際に起こった歴史なんだけどさ 
1783〜4年は世に名高い「天明の大飢饉」が起こり、我が南部藩でも沢山の人間がタヒんだ 
南部藩がまとめた『南部史要』によると、餓タヒ者が40850人、病タヒ者23848人、 
一家全滅で空き家になった家は10545戸にも及んだという 

南部藩八戸でまとめられた『天明卯辰簗』にはその当時の人身の荒廃の様が生々しく書かれている 

『夫を欺し打ちコロして是を喰 我子をも鎌にて一打にてうちころし、頭より足迄食し、 
夫より倒タヒの市外を見付是を食とし、又々墓々を掘返しタヒ骸を掘出 夜々里に出でて人之子供を追候。』 

また、遠く南部遠野藩の『動転愁記』には『「もう喰いたいと言わぬ故許せ」と泣き叫ぶ八歳の娘の頭に 
石を打ち下ろしてコロし、早瀬川に投げ込』むなどの記述がある


引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?232

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク