448: なごみ 2008/05/21(水) 00:07:37 ID:xd6dO90W0
我が家には、開かずの間ならぬ「開かずのジャム」があった。 
庭で苺が豊作だった時に母が作った手作りのジャムなのだが、 
保存性を高めるために、熱々なのを瓶の口いっぱいまで詰め込んで蓋をしたものだから 
がっちがちに蓋が閉じてしまい、誰も開けられないままに冷蔵庫の隅に忘れられ、数年の時を経た。 

そして今朝のこと、我が家の朝食はパンだった。 
父はこってりとジャムを塗るのが好きなのだが(体型もメタボ寸前)、生憎と買い置きのジャムは切らしていた。 
諦めきれなかったらしい父が冷蔵庫を探っていたところ、「開かずのジャム」がころりと出てきたらしい。 
父はこってりとジャムを塗るために、数年ぶりにジャムに戦いを挑んだ。 

引用元: あなたの心がなごむとき〜第45章

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク