Pickup
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

恐怖体験


【報告者乙】男子校で寮に入っていた。ある時…寮監『こっちでお昼食べて行きなよ』→途中で寝てしまい、ヌルっとした感覚で目を覚ますと寮監が・・・

288: 名無しさん@HOME 2014/02/19(水) 02:59:27.84
高校時代、半寮制の男子高校で寮に入っていた 
春休みに父親が長期出張になり、母も付いていくと言うので 
実家に帰省せず寮に残ってた 
寮には運動推薦で入学した数人と、家庭の事情で残っていた数人しかいなくて 
お風呂とかも空いていて、娯楽室のテレビも好きに見られて快適だった 
運動部員たちは、朝5時から朝練で、夜も遅くまで留守だった 
朝夕は寮の食堂で食事が出るんだけど、お昼ご飯は各自で取るシステムだった 
コンビニとかで適当に済ませてたら 
寮監さんが自室(寮監室には簡易キッチンがあった)に招いてくれて 
お昼をご馳走してくれるようになった 

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £104

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


【衝撃】公園で子供を遊ばせていると、大型犬に襲われそうになった!→ママ友(警察に通報)全員(パニック)→やって来たお巡りさんに、犬が噛み付いて…

121: 名無しさん@おーぷん 2016/08/30(火)13:07:07 ID:TZd
近所の公園での昔の修羅場。
当時のママ友たちで集まって砂場で子供たちを遊ばせながら傍でペットボトルティータイム。
期限切れ間近の非常食クッキーを食べながら談笑していると
公園に大きな黒い犬が入ってきた。
近くに飼い主はいないし切れたロープっぽいのを引きずっていてこれはヤバい
とママ友たちと子供を庇いつつお城みたいな遊具の上に避難。
黒い犬は茂みをゴソゴソしたりおし*こしたりでこちらに興味なしだったから大丈夫だろと観察。
ほっとしたのもつかの間。
突然こちらに駆け寄ってくる黒い犬。近くで見るとかなり大きい。
わんわん吠え始めて子供たちが泣き出した。


引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ8

この記事の続きを読む


【修羅場】朝、目覚めると娘(ハイハイできる)がいない!私(え!?どこ行った!?誘拐かも!!)→家中を何周もして探しても居ないので・・・・

196: 名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 21:40:52.09
お茶請け代わりにプチ修羅場。 
娘が生まれて、ようやくハイハイできるようになった頃の話。 

20年以上昔、旦那・私・娘の3人で狭くて古いアパートで暮らしていた。 
旦那は仕事が激務で、家にはほぼ寝るために帰ってきている状態で、土日出勤もしょっちゅうだった。 
あまりにも疲れきっていて、夜泣きのひどかった娘の隣でも、全く目を覚ますことなくぐーぐー寝ていた。 
あまりに気づかなかったため、自分の娘は夜泣きを一回もしたことがないと思っていた。そんなわけない。 
しかし生活を支えるため懸命に働いてくれていたため、何の不満もなかった。


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £113

この記事の続きを読む


【恐怖】ネカフェで、怒号と悲鳴が聞こえた!→男「俺じゃんよ!俺!オレ!」女性従業員(シリモチついて動けない)→男を抑えていた店員がガラスケースに突っ込んで・・・

696: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:41:54.41 ID:4dDqzJkE0.net
先週ネカフェに行った。 
午後11時頃に入ったんだが、入ったとたんに怒号と悲鳴が聞こえた。 
なんだと思って見たらハダカの男がいる。 
その男の前にしり餅をついた女従業員と、ハダカの男の腕をつかんでいる男従業員もいた。 

ハダカの男は「だから俺じゃんよ!俺じゃんよ!俺!オレ!」と俺を連呼していた。 
目が完全に逝っていた。 
ハダカの男は自由な方の手で男従業員を思いきり突き飛ばし、走り出した。 
そのままカウンター前のダーツなどが陳列されているガラスケースに突っ込んだ。 


引用元: ほんのりと怖い話スレ その106

この記事の続きを読む


【閲注】数人の男子生徒に襲われた→警察官「あなたは罪には問われないから大丈夫」加害者は病院送りになった。→成人式、口座を見てみると・・・

409: 名無しさん@HOME 2017/12/12(火) 18:43:34.84
中学校でおそわれたのが修羅場だった 
部活が終わったあと教室で着替えていたら男子数名に押さえつけられた 
抵抗したけど両手両足を押さえつけられて上と下両方に入れられて痛みと嘔吐感でタヒにそうになった 
声も出せずに喉に塊を押し込まれた感覚でえづくように抵抗したけど許してくれず 
最後の抵抗で袋ごと噛み付いたらすごい悲鳴をあげてヤバイヤバイバイと叫んで顔をなぐられたけど我慢した 
必死に力を込めてギュッと噛んだら魚肉ソーセージをビニールの皮ごとかじり切ったようなブツンというような音がした 
その瞬間顔の顔の周りが真っ赤になってイテェエエと叫び声が聞こえたとたんにみんな逃げていた 
一人だけ痛い痛いと叫んでいたところに先生が駆け込んできて保健室に連れて行ってもらった


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £122

この記事の続きを読む


【衝撃】宅配『ゆうパックでーす!』私「部屋番号間違えていませんか?」『(うちの番号)です!』→ドアを開けると・・・結果・・・・

83: 名無しさん@おーぷん 2017/11/04(土)14:41:05 ID:pxI
愚痴かな。さっきあったことなんだけど
宅配待っていたら、ゆうパックが来た。別の宅配会社のはずだからおかしいと思って、「部屋番号間違えてませんか?」とインターホンで聞いたら、「○○○です」(うちの番号)
宅配会社変えたのか?と思いながら出たら、ニヤニヤしながら「ども、下の階でした」だと
出るまで待ってたっぽい。荷物は持ってて宅配の服装だけど、何かの下見じゃないかとゾッとしたので、次からは送り主の名前を言わせることにする
本当に間違えたなら、「すみません」の一言も言えない奴を使ってるゆうパックは信用しないけど、礼儀知らずの配達員である方を祈る

引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part84

この記事の続きを読む


【因果応報】母「近所の奥さん『母子家庭に比べて、うちは順調!恵まれている!』って言ってたのにね」私「ふーん(ざまあwwww)」

621: 1/2 2015/05/20(水)20:40:50 ID:tHG
小学校高学年の時、悪戯された。
ひとつ年上の近所のお兄さんで、今でも悪戯されている間眺め続けてた体育館の用具室の天井を覚えている。セイ的に知識がなかった頃だけど、自分が理不尽な被害に遭っているのだけはさすがにわかった。

田舎の哀しさで、そのあとも中学高校とずっと一緒。悪戯はたった一回だけだったけど、
その時に着ていたお気に入りのワンピースは二度と着られなくなった。
おなじ格好をしたらまた餌食に遭うような、あいつが勝手にOKだと勘違いする
んじゃないか、そう考えると怖くてタンスの抽斗の奥に仕舞いこんだ。
一度だけ、母になぜワンピースを着ないのか聞かれたけど、
なんて受け答えしたのか覚えていない。

引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去

この記事の続きを読む


ラーメン屋で。対応の悪い店員「~円です」夫「違うだろ!(優待券を渡したのに普通料金だった)」→それから1週間後、新聞に・・・・

16: 名無しさん@HOME 2017/09/05(火) 19:20:28.83
誰も居ないようなのでちょっと怖かった話 

随分前なので覚えてる人いないだろうから書きます 
そこそこ有名だったラーメンチェーンに親子3人で行った 
子供2歳前だから私達だけ頼んで 
気のきく店員さんなら子供用の器とかスプーン出してくれるんだけれど 
注文聞いてくれた女の子は引っ込み、フロアーには若くて背の高い男の子だけ 
(気が利かないなぁ…)と「すいません子供に食べさせたいので〜」と頼むも頭傾げて無視される 
しょうがないので奥の調理場に言うと「あーすみません」 

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £122

この記事の続きを読む


【衝撃注意】飲み会帰りの夜道で、男が飛び出して来た!私「ヒッ!(男の体液が付く)」→悲鳴をあげてパンプスを投げつけ・・・・

699: 名無しさん@HOME 2012/02/12(日) 13:30:31
小さい頃から露/出/狂によく会う。 

初めて会ったのは小学一年生。 
帰宅中、路駐していた車からオッさんに声かけられた。 
「おじさん、病気なんだ。こんなに腫れちゃって。助けて。ハァハァ。」 
局部出していた。確かにスゲー腫れてるw 
ピュアだった私は、おじさん苦しそう!大変!とか思ってリアルに焦った。 
でも一緒にいた友人が、このおじさん変な人だよ!
ヤバイ、逃げよう!って、手を引っ張ったので走って逃げた。 
今となっては友人に感謝。 
それを皮切りに露/出/狂に会いまくる人生が始まった。 


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £31



この記事の続きを読む


【マジキチ話】家の前に金属の棒を持った元カレが立っていた!私(子供が危ない!!)→急いでご近所の家に飛び込んで、通報してもらうと…

628: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)17:37:28 ID:kMu
5月の暑かった日の日没頃、お風呂前にちょっとお散歩しようと、2歳の息子の手を引いて
近所を少し歩いて家に戻った。
家の前には男の人が立って、家をジッと見てた。

薄暗い中よく見ると、それは15年ほど前に別れた彼氏だった。
一年も付き合わないうちに別れた人で、初めは真面目で温厚そうだったけど、
「俺と仕事どっちが大事なの」みたいなことばかり言うようになって、愛想が尽きて別れた。
別れ話はこじれるかと思ったけど、プライドが高いせいか「俺と別れたいのか。あーそう」
の一言で別れてくれた。それ以降一切連絡も取っていない。



引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 2



この記事の続きを読む