Pickup
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

後味悪い


【ムナクソ】孤児の斡旋をしている親戚。夫婦『男の子が欲しい』親戚「OK」→夫婦『やっぱり他人の子を育てる自信がない』親戚「ダメ!絶対に育ててもらう!」→結果

336: 本当にあった怖い名無し 2006/01/06(金) 18:36:41 ID:nozW0VZL0
人間の子どもの里親探しにも、後味悪い話よく聞くよ。 
親戚のオネエサンが、福祉施設に勤めてて、子どもが欲しいという人に 
孤児にあっせんをやってたんだけど、ある時30代くらいの夫婦が、 
オトコの赤ちゃんを欲しがってたそうだ。オネエサンは何人かの赤ちゃんを見せたが、 
夫婦はピンとくる子がいなかった様子。 
さんざんワガママ言って引き回され(これはオネエサン視点)て、最後には 
「やっぱり他人の子を育てる自信がなくなったので、やめる」と言われた。 
当時連日の過労の上に、夫婦の態度にキレてしまったオネエサンは、 
勝手ばかり言わないで引き取れ、愛情は後からわく、お宅のために 
どれだけ時間取ったと思ってるんだという意味のコトを主張し、ひとり引き取らせた。 

引用元: 後味の悪い話 その39

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


【後味悪い…】橋の下にいる狂ったおっさんに…同級生「バーカ!(棒でバシバシ叩く)おっさん「やめてください…」→後日、おっさんが警察に捕まり・・・

929: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2014/02/10(月) 03:24:00
小学生のとき、通学路の土手、橋の下にちと狂ったおっさんがいて、 
俺らはいつも石を投げたりして馬鹿にしていた。 
ある日、友人の中でもかなり馬鹿っぽい奴が 
帰宅途中に長い棒を拾って、ドラクエの勇者気取りで振り回しては悦に浸っていた。 
そして、おっさんの住処に近づき、そいつはなぜか棒を振り上げながら 
おっさんに突進していき、棒でばしばしなぐった。 
おっさんは「やめてください、やめてください」って敬語で俺らに嘆願していた。 
友人は「やめて欲しかったら『かいだん』って漢字で書いてみろよ!」 
って言った。ちょうどその日学校で習った字だ。 

引用元: 後味の悪い話 その6

この記事の続きを読む