今、読まれています!
スポンサーリンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事掲載時間

0:30 8:30 9:30 10:30 11:30 12:30 14:30 16:30 18:30  22:30 23:30
毎週水曜日と日曜日は長編記事を掲載中です(*´∇`*)
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

嫌い


【マジキチすぎる…】彼女の連れ子が無能すぎてイラつく→俺(彼女の家系が無能だからな…別れたほうがお互いのためか?)2ch『こういうやつがハンザイを犯すんだ』

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 09:26:59.63 ID:L93nKFl5.net
無能すぎてイラつく

2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 09:27:59.64 ID:JO0hTxXe.net
男の子?

3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 09:28:12.98 ID:f3oSLepl.net
結婚すんなよ 
おれの親が再婚だけど養父からロクな扱いされなかった

4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 09:31:59.37 ID:L93nKFl5.net
>>2 
女の子 

>>3 
どんな扱いだった?


引用元: 彼女の連れ子が嫌いすぎて吐きそう

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


ウトメが義兄子を連れてきた→私「何か飲む?食べる?」義兄子(シカト)私(こんなクソガキ連れてくんな!)→義兄嫁から何の挨拶もなく・・・

567: 名無しさん@HOME 2017/08/08(火) 15:30:53.82
流れ読まずに投稿すみません 
義家族の中で義兄嫁が一番大っ嫌い 
夫の実家が飛行機や高速で1日くらい走らなきゃ帰れないくらい遠いから年に1度しか会わないけどほんとにうざい 
LINEもタメ口で古いギャル語みたいに「です、〜は、かな?」を「デス、〜ゎ、カナ?」と入力面倒くさくないか?ってくらい読みづらいLINE送ってくる 
夏休みになると義両親が義兄嫁の子供3人中2人連れてくるんだけど 
その子供も挨拶もできないし小学生3年生の男の子がおねしょしてもごめんなさいも言わない 
義兄嫁からもすみませんの一言もない 
うちに来てもずっとスマホでゲームしててなにか飲む?食べる?と聞いても無視するようなクソガキ連れてきて欲しくないわ! 


引用元: 【enemy】真のエネミーは義実家ではなく配偶者 相談スレ23

この記事の続きを読む


【黒い過去】子供の頃、赤ちゃんや子供が嫌いだった。私「おいでおいで^^」女の子「はーい♪」近寄って来た瞬間・・・( ゚д゚)

120: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 00:27:18.29
子供の頃、自分より小さい赤ちゃんとか子供が嫌いだった。 
なぜかわからないが見てるとイライラした。 
昔は、3歳とか小学校低学年くらいの子でも近所で遊んでたので、 
笑顔でおいでおいでして、近寄ってきたら、思いっきりビンタして泣かせてた。 
大人になっても、子供は特別好きじゃないが1人だけ子供を産んだ。 
自分の子も特別愛情が湧くわけではなかった。 
ちなみに子供相手の仕事をしている。

121: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 00:48:02.82
>>120 
虐待されたたとか?

引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去 50

この記事の続きを読む


【刷り込み】庭を汚され…母「コレだから猫は嫌いなの!」私(猫に良いイメージがない)→ある日、食べ物に手を出そうとした猫を発見し…

65: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)19:23:24 ID:0FZ
子供の頃は猫に反感を持っていた。
母が大の猫嫌いで猫への悪いイメージを刷り込まれていたから。
私は実際には嫌ってはいなかったけど、
その頃は野良猫や放し飼いの猫も多くて、
庭にフンをしていくし、食べ物関係での被害などもあって、
「これだから猫は!」と怒る母に同調していた。

ある休みの日の昼間、台所で用事をしていてふと茶の間を見ると
庭に面した窓から上り込んだ猫が机の上の食べ物に手を出そうとしていた。
こらっと叫んで茶の間に向かうと、猫は、庭じゃなく隣の部屋に逃げた。
当然私も隣の部屋へと猫を追いかけ、猫はさらに玄関まで逃げた。
行き止まりになった猫は玄関の棚の奥に突入、牙をむいてシャーシャー唸る。


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8

この記事の続きを読む


【マジキチ注意】彼氏が子供好きと知り絶望した→私(内緒で3回も堕胎した…避妊もしてる…ダニがこの世にいるせいでイライラが消えない…)

187: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/16(水) 10:10:07.14 ID:XK2BNPSf
彼氏が子供好きらしくて絶望してる 
彼のことは好きだけど、私はダニに対する拒否反応がはんぱない 
ダニのせいで別れたらダニに屈したことになる気がして悔しいしもうどうしよう 
彼の子供を内緒で3回妊娠、堕胎して今は避妊薬飲んでるけど、堕胎した時は妙にすっきりした 
合法的にダニをコロせる方法ってこれくらいしかないもんな 
釣りっぽいこと書いてると思われるかもしれないけど、ガチで自分の本音だから 
社会的に見て頭おかしいし実際のところ悩みの種でもある・・・ 
ダニ嫌いじゃない方がストレスフリーで過ごせるから絶対その方がいいだろうに 
なんでこんなにダニが嫌いなのかと思うとつらいわ 
全員タヒねばいいのに 
あいつらがこの世にいるせいでイライラが消えない 

引用元: 子供が大っ嫌いです part51

この記事の続きを読む


【復讐】クソ教師「提出物の字が汚い」自分(書いては消して、紙がボロボロになる)親「どういう事です?」教師「これは…」→結果・・・・・

389: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)03:07:00 ID:lhe
小学生の時の話。

気分次第で生徒に厳しい先生がいた。
機嫌が良い時はいいんだけど、そうではない時はちょっとした不注意にキレる人だったし、
綺麗事しか言わなかった。
具体的には、そんなこと聞くな!ってキレたり、行動が遅いだけで怒られた。
他にも、◯◯のせいで俺は機嫌が悪いと宣言した上で
ちょっとでも正しくない行動をしたら立たせるとか。
帰り支度が遅いだけで怒る。イジメは許さないといっておきながら
嫌がらせを受けた時に一切何も相手にしなかったのに、「お前も悪い」って怒ってきた。
そんな先生だったから学年中から嫌われてた。

引用元: 本当にやった復讐 3



この記事の続きを読む


【衝撃】分娩室で。私「うーっ!うーっ!」夫「いい気味だw」私(普通こんなこと言うか?絶対に捨ててやる!)→その後・・・・

276: 可愛い奥様 05/01/17 00:13:16 ID:uE9LyaiK
実は私は×1ですが、前夫に初めての出産の時、分娩室で 
「いい気味だ」と言われました。おかげですごい難産で、 
分娩室から帰ってこられなかった。 
3日間かかってやっと出産しました。 
妊娠中も浮気はするし、帰って来ないのは当たり前。 
今夫はそれから比べると優しく感じてしまう。 
一度ひどい結婚をすると、 
多少のことでは悲観しなくなるというか、 
女もずーずーしくなるもんです。



引用元: ●正直、もう旦那が嫌いでたまりません【26】



この記事の続きを読む


ウトの葬式の準備中…義兄嫁『長男がないがしろにされてる!!』一同「厄介者がいなくなったので話しを進めようw」→出棺の直前になって…

892: 名無しさん@HOME 2013/11/07(木) 12:05:22.84
大前提として、夫の実家の人たち(私も含む)は義兄嫁が大嫌い。 

義父が亡くなった時に葬儀会社の人と打ち合わせで 
義兄嫁が口を挟んできたので旦那が止めた。 
そうしたら「長男がないがしろにされてる」と怒って家から出て行った。 
当然私たちは関わりたくないし、義兄もその子供たちも知らん顔。 
むしろ厄介者がいなくなってスムーズに話が進んだ。 


引用元: 【義兄嫁】嫁同士ってどうよ?84【義弟嫁】



この記事の続きを読む


嫁「あんたと結婚して幸せって思ったことない!」俺(一気に冷める)→離婚したいけど、親権取られるのがイヤ・・・・

1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/15(土)04:50:46 ID:vA4
離婚したい

2: 名無しさん@おーぷん 2017/04/15(土)04:51:18 ID:Lw8
しろや

3: 名無しさん@おーぷん 2017/04/15(土)04:51:33 ID:vA4
子供と離れたくない



引用元: 嫁が嫌いすぎる



この記事の続きを読む


【報告者乙】私「悪口言われるから義兄には会いたくない」夫「わかった」→ウトメ「嫁のくせに何したんだ?」→ブチ切れた私は・・・

939: 名無しさん@HOME 2006/12/11(月) 17:50:47
私は義兄に嫌味や悪口を面と向って言われるので、 
夫にはもう何があっても義兄には会わないといってあった。 
それと一緒に、義両親にも私には義兄の話をしないように 
と夫から義両親に伝えてあった。 

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 その93



この記事の続きを読む