Pickup
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

天文部


【最終話】憧れの高校ライフに夢を膨らませたボッチの俺が、部員一人の天文部で青春を謳歌した話。

※夏に読みたくなる長編→【前編】ぼっちだったから夏休みはホームレスと飯食ってた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

641: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 13:23:19.25 ID:sDW+XZlQ0
学園祭初日、俺はワクワクしながらいつもよりも三十分早く学校に行った 

学校にはすでに生徒が溢れていていつもと違う空気を肌に感じることができた 

その空気に俺も自然と浮足だったが、まずは義務的にホームルームを受けなくてはならないのでクラスに向かった 

クラスに行くといつの間にかクラスの内装が段ボール張りの小汚い喫茶店に早変わりしていた 

俺の机は撤去されていて仕方がないので床に座ってホームルームを待った 

なんかクラスのやつらが俺を見てヒソヒソ悪口を言っていた 

普段は関わろうともしないくせにイベントごとでさぼられるのは気に食わないらしかった 

俺が関わったら関わったで悪口を言うだろうに、そんな感じで俺は寝たフリをして時間を潰した
 

引用元: 高校の時に一人で天文部を楽しんだ話



この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


【3/4話目】憧れの高校ライフに夢を膨らませたボッチの俺が、部員一人の天文部で青春を謳歌した話。

※夏に読みたくなる長編→【前編】ぼっちだったから夏休みはホームレスと飯食ってた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

356: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 03:51:09.68 ID:sDW+XZlQ0
夜になると天文部として初めて天文部らしいと言える活動、天体観測をした 

天体観測といっても地面に川の字になって横になり皆で星を見ただけなのだが 

何というか都会のゴミゴミした空とは違い、広い空で見る星は格別だった 

先生も吉井も田村さんもその他も、みんな声を静かに空を見上げてでも楽しそうに星を見ていた 

なんか、青春してるって思った
 

引用元: 高校の時に一人で天文部を楽しんだ話



この記事の続きを読む


【2/4話目】憧れの高校ライフに夢を膨らませたボッチの俺が、部員一人の天文部で青春を謳歌した話。

※夏に読みたくなる長編→【前編】ぼっちだったから夏休みはホームレスと飯食ってた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

151: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 00:30:11.53 ID:sDW+XZlQ0
天文部の廃部の理由は簡単な物だった 

まず初めに部員不足 

現在我が部は部員が俺一人、生徒手帳には五人からとか何とか書いてあった 

次に活動内容 

普通の部活動は大会に出たりコンクールに作品を出したり、試験にチャレンジしたりするところ 

天文部は名ばかりで特に活動をしてこなかったのを言われたらしい 

廃部を免れるには定期的な活動と学園祭での発表をしなければいけないことになった 

佐倉先生は愚痴りながらこんな感じの事を話して帰った 

俺は泣きたくなって早退した
 

引用元: 高校の時に一人で天文部を楽しんだ話



この記事の続きを読む


【1/4話目】憧れの高校ライフに夢を膨らませたボッチの俺が、部員一人の天文部で青春を謳歌した話。

※夏に読みたくなる長編→【前編】ぼっちだったから夏休みはホームレスと飯食ってた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

1: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/07(水) 20:31:33.67 ID:kwd/NxG50
立ったらのんびり書く


4: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/07(水) 20:40:32.41 ID:kwd/NxG50
書きためはないのんびり書く 

あれは俺がまだ将来に夢を見ていたピカピカの高校生の時の話 

俺は当時本当に馬鹿な子供で、中学では友達すらいなかったのに高校に入ればSOS団みたいな仲間と楽しい日々が送れると夢見ていた 

そんな夢見る子供だった俺は新しい日々を過ごすため地元から電車で二時間の学校への進学をすることにした
 

引用元: 高校の時に一人で天文部を楽しんだ話



この記事の続きを読む