今、読まれています!
スポンサーリンク
記事カテゴリー
月別アーカイブ
☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

まさかの展開


スーパーで。私(イライラ…半ゴロしにしようか…それとも、みなゴロしにしようか…ブツブツ)→帰宅後、警察官がやってきて職務質問され。しかし…

705: 名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月)23:26:50 ID:???
 某月某日、私はストレスMAX状態だった。
「半ゴロしにしようか…それとも、みなゴロしにしようか…」
スーパーの食料品売り場を歩きながら、そればかりを考えていた。

「よし、決めた。みなゴロしにしよう…」
自分ではよく覚えていないが、いつの間にか口に出していたらしい。
スーパーから帰宅して数時間後、ねじり鉢巻にたすきがけをして気合十分。
せっせと準備に励む私の部屋に、2人の警察官がやってきた。

「今日、XXスーパーに行かれましたか?」等の簡単な職務質問をしながら、1DKの部屋を
鋭くさり気無くチェック。
「はぁ、行きましたよ?それが何か?」

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

この記事の続きを読む


満員電車で痴漢を目撃!痴漢されていた茶髪さんが怒髪天で振り向くと…私(え!?)痴漢(ポカーン)→思わず度肝をぬかれた・・・

972: 名無しさん@おーぷん 2018/07/29(日)22:43:26 ID:sQD
夕方の満員電車で帰宅途中、痴漢を目撃した。
両手を吊革に引っかけ、器用に局部だけを出して、襟足の長い茶髪の乗客の背後でハアハアしてた。
カモフラージュのつもりか通勤鞄を斜めがけ。
電車の揺れに合わせて押し付けててオェー。

正直言って距離を取りたかったけど、いざとなったら証言しなきゃと使命感に駆られて、
とりあえず最後まで見守ることにした。
何度かカーブをやり過ごして、ホームに電車が滑り込んだ時の減速時に遂にフィニッシュ。
茶髪さんの太もも(ズボン)の裏辺りに着弾した。オェー。
多分、扉が開いたタイミングでトンズラこく予定だったんだろうけど、
逃げる間も無く茶髪さんが怒髪天で振り向いた。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22

この記事の続きを読む


【超衝撃】爺ちゃん『お前はワシの孫やない…息子や…。秘密やで…』俺(呆然)→葬儀の途中、爺ちゃんの遺言が読み上げられ。。。

635: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/29(土) 11:53:33
じいちゃんがタヒぬ間際、病室に俺だけが呼ばれて 
「正行・・・お前はワシの孫やない、息子や」って。 
「これはワシとお前の母さんだけの秘密や・・・ 
だけんど、財産は正一(俺の親父)とわけぇ」だと。 
呆然とした。2日後、じいちゃんは大往生。 
このことは俺の中にしまっておこうと決心した。 

引用元: 【コピペおk】夫婦・家族のジーンとする話を集めるスレ5【オリおk】

この記事の続きを読む


【衝撃】私「便秘が酷くて水が出ます…」救急『もうすぐ産まれます!!』私「え!?妊娠してるの!?知らなかった!!」→結果・・・・

424: 名無しさん@おーぷん 2018/06/19(火)16:46:16 ID:veT
よくドラマでは突然「うっ!」→洗面所に駆け込む→鏡を見つめながら(まさか…)が定番になってるんだけど実際、同じだった人いる?
私、全然妊娠してる事気付かなくって産気付いてから発覚。
ギリギリまで便秘だと思ってたw
うちの家系女ばかりで早いと26ぐらいで35〜37で閉経しちゃってた。私35だからまあ、小梨でいいやと思ってたのでほったらかしだったのね。
お腹でてきたのも普通に中年太りかな?と。

でもあまりに酷い便秘で水がでるので変だな?と救急車よんだら産気付いてたんですわ。
3時間のタヒ闘の末、無事出産。
当たり前だがなーんにも用意してないので旦那に丸投げしてます。
35歳のド新人ママ爆誕です。よろしく。


引用元: スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op14

この記事の続きを読む


母「あんたの同級生から電話があったよ」私「どうせお金の話だ。無視しよう」母「ガツンと断りなさい!」→渋々電話に出ると・・・・まさかの展開・・・・

224: 名無しさん@おーぷん 2015/06/30(火)10:06:18 ID:8WI
ふと思い出したので書いてみる

私は40歳の主婦
旦那と子供と暮らしている
実家は市内にある

1年くらい前に実家の母から連絡があった
高校3年の時の同級生(A子)から実家の家電に電話があり私と連絡がとりたいと
A子は珍しい苗字だったからなんとなく覚えてたけど
卒業後は会ってなくて、その程度の仲だったただのクラスメイト
嫌いではなかったけど、他に連絡取ってる親しい友達もいるし
A子との仲はそこまでではなかった

A子の電話番号を教えられたけど、折り返し電話する気はなかった

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8

この記事の続きを読む


【ワロタ】買い物帰りに「可愛がってください、寂しいと夜啼きます」と張り紙されたダンボールが→俺(何だろう‥?)その中には‥wwwwww

55: スペースNo.な-74 2009/08/04(火) 15:08:11
んじゃ実話をひとつ 

昼間普段の買い物道を、買い物帰りに歩いていたらダンボールが道端に 

かわいがってください、さびしいと夜啼きます 

と過去に張り紙、定番の捨て猫かと思いつつ 
箱を開けてみると 

籠の上にタオルがひいてあってその上に 

たわしが二つ・・・・・ 

怖いだろ、マジデ実話なんだ 
No.18731 | 2008-11-12 15:44 名無しのコピペ ◆Y.kXjP.U URL 編集


引用元: あなたの心がなごむとき~第52章

この記事の続きを読む


【そんなことある!?www】女友達『いい感じの隠れ家的なお店を見つけたから行こう!』私「いいね!楽しみ^^」到着したその場所がなんと…wwwww

628: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 21:32:07.27
いつの時代も女性陣は美味しい物が大好きといいますか 
右に新店舗オープンで評判よしとなれば仕事帰りでも飛んで行き 
左に行列の絶えない小洒落た店がありと言われれば予約パンチ 
まあもちろんハズレもあるんだけど月に一、二回の仕事仲間との楽しみね 
先週、隠れ家的なお店を見つけたからそこで食事をということになって休日に 
車で40分かけて隣県のど田舎に到着。ちょw私の故郷www 


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 147度目

この記事の続きを読む


【報告者乙】私「バッグに入れていた封筒(現金)が無くなった!」ウトメ「もしかして…お前盗った?」義姉「…」→ずっと知らなかったが…

100: 名無しさん@おーぷん 2016/10/12(水)11:39:05 ID:tBQ
(フェイクあり)
同居嫁なんだけど、5年前に帰省してきた義姉にお金を抜かれた。
ある支払いの為に銀行から下したばかりの20万円、
銀行の封筒に入れたままバッグから抜かれた。
帰宅したのが昼過ぎで、翌朝気が付いた。
義母や義父には落としてきたんじゃないか?って言われたけど、
帰宅後そのバッグを洋服ダンスにいれて
その時にバッグの中から携帯を出す時に封筒は目にしてたから絶対落としてない。
その日旦那は半月近い出張で留守だったし、まさか娘(中3)がと一瞬思ったけど
うちの娘は不思議なぐらい物欲がなくて、何かを強請られたこともなかったからそうも思えず。
義父母はお金に困ってる人でもないし・・・と思うと自然と帰省中の義姉に搾られた。
義父母もそれを察して義姉を問い詰めたら白状した。



引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その19】



この記事の続きを読む


【修羅場】姉が練炭で自害→姉の友人A「私達、お付き合いしていました」母・私「そうでしたか…」A「同棲していた部屋に住み続けていい?」→すると・・・

566: 名無しさん@おーぷん 2015/12/28(月)01:03:32 ID:YwJ
他の人の修羅場と比べると大したことはないかもしれませんが、書かせて下さい。
数年前、当時大学生だった姉が鬼籍に入りました。
一人暮らししていたアパートの風呂場で練炭を使ったそうです。
当時学生だった私は、学校から帰宅途中に母からの不在着信があり、
メールで姉の急逝を知りました。
とにかく急いで帰宅し、
母の知り合いのおばさんが家の前で待っていて私を車で斎場まで送ってくれました。
身内の葬儀は三度目(父→母方祖母→姉の順)だったのですが、
そこには母と棺桶にすがり泣いている姉の友人(Aとします)がいました。


引用元: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ6



この記事の続きを読む


【あ然】嫁が特殊なガンになった。医師「リミットは1年」俺『何としても助けたい!』→サラ金に手を出し治療開始。嫁の病気は治ったが、今度は。。。

709: 名無しさん@HOME 2013/02/14(木) 23:40:24.65
この板このスレでいいのか分からないが吐き出させて下さい。 

6年前、妻が癌になった。 
特殊な癌でしかもかなり進行しており、医者にはリミットは1年と言われた。 
でも子供達もまだ小さく、俺はどうしても諦められなかった。 
全てを失ってでも妻を助けたかった。 



引用元: 「ただ聞いて欲しいの!」「ハイ聞きましょう」300



この記事の続きを読む