Pickup
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

みんなが読んでいる人気記事

ほのぼの


【日本びいき(*´∇`*)】インドネシアに行った時。現地の青年「日本人ですよね?」私「イエス」青年(やっぱりそうだったかという表情)→すると‥

375: 名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木)15:42:21 ID:lL7
もう随分と昔、所はインドネシア、リゾートとして今ほどポピュラーになる前のとある所と思ってくんなまし。
ある百貨店?みたいなところでお土産でもと物色しながら雰囲気を楽しんでいたら、人ごみのむこう、ジッとこちらを見ている青年が一人。
身なりのキチンとした聡明そうな若者だなあと思いつつ、目が合ったのでちょっと首を傾げて会釈を返した。
すると彼、人ごみの中を真っ直ぐこちらに向かってきて私の前で止まり、しっかりと私の目を見て「日本人ですよね」と英語で聞いてきた。
「イエス」と一言だけ返答をすると、やはりそうだったかと云うような表情。
どうしたあ?と思うそばから彼が英語で話してくる。

引用元: 日本びいきの外人を見るとなんか和むスレ part002

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


【ほのぼの(*´∇`*)】2歳半の娘を連れてディズニーへ。私(暗いから泣いちゃうかな?)娘「…わああああああ!!!!たーーのちーーーねーーーー!!!」

548: 名無しさん@おーぷん 2015/09/19(土)00:50:55 ID:???
長くなるけど聞いてほしい!
この間、実母 私(妊娠29w) 娘(2歳半)でディズニーシーデビューしてきました
目的はヴィランズ。ゆっくり出発して、夕方のショーに間に合えば良いやと考えていた。
移動は電車で約2時間半。ディズニーの予備知識なし、ショーの30分をジッと出来るかは未知の世界、間近の花火(爆音)にビビった経験あり。
色々と起こりうるハプニングを想定して行ったけど、全然何も起きなかった。

すんなり着いて昼のショー開始にちょうど当たり、最後まで見入るしミッキーに手を振るし、アトラクションは2つも乗れて、待つのもすごく静かで良い子だった。


引用元: - 可愛くて可愛くて -

この記事の続きを読む


【大好き(*´∇`*)】後輩がうちに泊まりに来た→後輩「奥さんめっちゃキレイだった!」周囲「写真見せて^^」俺「どうぞw」→ガマンできず‥

527: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/03/24(土) 19:58:53.58 ID:ETY83jII0.net
嫁の見た目がとにかく綺麗。 
30代半ばになったけど、本当に可愛くて歳取らない。 
顔立ちは宮崎あおい系の童顔で、まぁもっと美人な人はいるだろう…って感じだけど、
肌とか髪がビックリするほど綺麗。 

結婚前は、周りも若いし美人な人もいるから、そこまで気にもせず中身を好きになったんだけど、 
年取った今になって嫁のあり得ない綺麗さを実感する。 
顔立ちとかよりも圧倒的な清潔感。 

二人で出掛けると近くの人が振り返ったり二度見するのがわかるし、
会社の後輩が泊まりに来た後、会社で「奥さんめっっちゃ綺麗!」って触れ回った。 


引用元: 【何年】嫁さん大好き【たっても】★38年目★

この記事の続きを読む


【なごみ(*´∇`*)】和裁教室で。生徒「美味しそうなお寿司^^」Aさん「うちのじいちゃんが勝手に買ってきたったい!無駄遣いばっかして!」一同「wwwwwww」

521: なご 2007/02/09(金) 16:59:05 ID:XzgTIKFC0
和裁を習いに行っている。 
生徒さんは、私を除いて全員が50歳以上。私一人若造。 
中々に心地良い空間です。 

ある日、いつもはお手製お弁当のAさん(70歳超)が、店屋物らしい巻き寿司を食べていた。 
(他=他の生徒さんたち) 
他「あれ、Aさんきょうはお鮨なん?」 
他「おいしそうねー。どこで買ったん?」 
A「どこか知らん!おいしそうやけんーとか言ってじいちゃんが勝手に買って来たったい!ヽ(`д´)ノ」 
他「なんね、優しい旦那さんやないのー」 
A「なんが優しいかね、こげん無駄遣いばっかしてからあのじいちゃんは!ヽ(`д´#)ノプンスコ」 


引用元: あなたの心がなごむとき〜第34章

この記事の続きを読む


【なごみ(*´∇`*)】インドでホームステイすることに。娘さん「これ食べたい!」私「とっても辛いよ?(激辛スナック)」娘さん「大丈夫!」→結果wwwwww

831: 名無し 2016/04/25(月)14:34:13 ID:2c8
数年前インドにホームステイへ行った。
泊まらせて貰った家はお父さんお母さん10才の娘さんの3人家族。
お父さんは明治の親父の様な頑固で威厳があり、お母さんはいつも笑顔でお喋り好き。
娘さんはとにかくパワフルで毎日何時間遊んでも「遊んで〜」と寄ってくる。
あんさん、さっき外で友達と遊んでましたがな。

そんな家族の中でお母さんと娘さんとは同性同士の事もあり仲良くさせて貰ってたんだけど、
お父さんは感情をあまり出さないタイプでなかなか距離を縮められなかった。
ある時の事、娘さんと遊んでいると私のお菓子を見つけ目を輝かせながら「これ食べたい!」と言う。
真っ赤なパッケージに凶悪な顔をした唐辛子が描いてある某暴君の奴だ。

引用元: 日本びいきの外人を見るとなんか和むスレ part003

この記事の続きを読む


【ほっこり(*´∇`*)】私「うちの旦那がねー、、」旦那「へぇー、旦那さんお仕事なにしてらっしゃるの?(探りを入れてくるオバちゃん風)」

467: 名無しさん@おーぷん 2015/10/28(水)17:01:36 ID:bIg
外で夫婦の惚気を言うと他人のマウンティング魂に火をつけてしまうので外では曖昧に流すか、
むしろサゲ発言で張り合う価値もないと思ってもらって乗り切る!が我が家の鉄の掟w

どうしても人に自慢したくてたまらない時は旦那を捕まえて
「うちの旦那がねー、、」と、昨日あった出来事を自慢しているw

引用元: 旦那をずっと大好きな奥様part2 (n‘∀‘)η

この記事の続きを読む


【´;ω;`】痴呆のトメ『素敵な物を入れる箱が欲しい』→収納ケースを渡す→どんどん無造作に絵葉書やアルバムを入れていくと、最後に…

556: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)23:41:55 ID:5qb
今日のトメ(ボケてる)。

「素敵な物を入れる箱が欲しい」と言い出したので、
嫁子は、収納ケースをひとつ渡してみる。

ウトさんの遺品、アルバム、キレイな絵葉書、昔の切手、募金でもらえる赤い羽根・・・

どんどん無造作に詰めていく。
最後にそっと置いたのは、

引用元: ■ ■ ■ 今日のトメ ■ ■ ■

この記事の続きを読む


【日本びいき】職場の外国人「日本人はみんなニコニコしてていいね(*´∇`*)」私「欧州の人も親切だったよ!」外国人「それは日本人だからだよ!!」

359: 名無しさん@おーぷん 2015/04/14(火)21:06:58 ID:7pt
職場に出張で来てた外国人と雑談してた時ね
日本人はニコニコしていて良いね、みんな優しいね
欧州はみんな怖いよ、お店の人も全然笑わないよって言うんだよ
でも自分が何度か行った欧州旅行ではどの国の人も親切だったし、店員さん達も感じが良い人多かったよと話した
それは日本人だからだって
買い物する時に笑顔で話しかけるでしょ?
お店の人にお礼を言うでしょ?
本当に楽しそうにしているでしょ?


引用元: 日本びいきの外人を見るとなんか和むスレ part002

この記事の続きを読む


【そんなことある!?www】女友達『いい感じの隠れ家的なお店を見つけたから行こう!』私「いいね!楽しみ^^」到着したその場所がなんと…wwwww

628: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 21:32:07.27
いつの時代も女性陣は美味しい物が大好きといいますか 
右に新店舗オープンで評判よしとなれば仕事帰りでも飛んで行き 
左に行列の絶えない小洒落た店がありと言われれば予約パンチ 
まあもちろんハズレもあるんだけど月に一、二回の仕事仲間との楽しみね 
先週、隠れ家的なお店を見つけたからそこで食事をということになって休日に 
車で40分かけて隣県のど田舎に到着。ちょw私の故郷www 


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 147度目

この記事の続きを読む


【´;ω;`】若い家族が引っ越してきた→ママさん(子供の声で隣人トラブル怖い…外では遊ばせないでおこう…)それを知ったうちの息子が・・・・

930: なごみ 2008/06/14(土) 09:54:41 ID:2oGsKwSn0
個人なごみなんだが、なごみどころがしぼれなかった話。 

ウチは住宅たてこんでるけど住人の意識は田舎という地域。 
近くに引っ越してきた若夫婦と子供さんがいるんだが、 
この奥さんがちょっとオドオド、住人の顔色をうかがっている様子。 

となりのおばちゃん、おばちゃんちの中学生の息子、となりの犬、 
うちの母と私というメンツでなぜか井戸端会議中、ようやく話してくれたんだが、 
以前の近所にちょっとひどい人がいて、子供が少しでも歓声をあげると 
「うるさい!」「出て行け!」とわめく人で、すっかり参ってしまっていたらしい。 
子供が思い切り外で遊ぶことを禁じるほど。 

引用元: あなたの心がなごむとき〜第45章

この記事の続きを読む