395: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/14(金) 10:57:55 ID:GHFY/bN9
一年くらい前のこと。 
大学から帰ってバイトも無かったから一人暮らしのマンションでいつも通りくつろいでたら、夜の11時くらいにチャイムが鳴った。誰だろと思って覗き穴から見てみると見知らぬおっさんが。 

「どちら様ですか?」 
「○○(苗字)です」 
知らん。 

「あの……どちら様でしょうか?」 
「○○です。○○A子の父親です」 

一瞬、だから○○A子って誰だよって思ったんだけどすぐに思い出した。 
中学時代付き合ってた元カノで、別々の高校になってからは自然消滅した感じで別れた女の子の名前だった。

引用元: 今までにあった修羅場を語れ 14



この記事の続きを読む

  スポンサードリンク