今、読まれています!
スポンサーリンク
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ブログ内検索☆
スポンサードリンク
逆アクセスランキング

スポンサーリンク

☆みんなが読んでいる人気記事☆

おばあちゃん


動物園のふれあいコーナーで。泥ママ(娘の帽子を泥子に被せる)私「それうちの!」泥「は?売店で売ってますよ^^」→結果…

400: 名無しの心子知らず 2010/04/27(火) 15:10:22 ID:/rFizuZu
先月動物園に行った。 
うさぎやヤギ、ひつじと触れ合えるコーナーがあって、 
動物大好きな3歳娘が喜んでヤギをなでていたとき、 
夢中になりすぎて、買ったばかりの帽子が後ろに落ちた。 
あ〜あ・・・・と思って手を伸ばそうとした一瞬先に 
娘の真横にいた子連れ母がひょいと拾って自分の息子にかぶせたんだわ。 
あまりにも自然すぎて「お、ちょ、それぼうし、うちの!」としか声が出なかったよ。 
泥は平然と「何?この帽子なら売店で売ってますよ?」と笑顔。怖かった・・・ 

引用元: 【窃盗】発見!泥棒〜手癖の悪いママ99【万引】

この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


スーパーの駐車場に車三台分のスペースを陣取るDQN車が!→その後ろに駐車が下手なお婆さんがベタ付け→DQN『ピッピー!!出られねえだろ!!どかせ!!』→実は・・・

439: 1/2@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 10:22:18.50 ID:PH/L5VWX.net
流れを変えるために投下 

よくある駐車場ネタ 

私もよく利用するある駅前のスーパーには駐車場がある 
駅前という立地も手伝って、買い物客以外も利用したりする 
もちろん「買い物以外の利用はご遠慮ください」と書いてあるが、そこは田舎町の緩さか、短時間の利用にはお咎め無しな空気 
しかし、そこへある時期からDQN車が停まるようになった 
DQN車は大き目のミニバンで、朝から晩まで停めている上に、なぜか3台分の駐車スペースに斜めに停める 
その上、車の通り道まではみ出すという、絵にかいたようなDQN 
私は小型車なのでなんとかなるが、他の大き目の車の利用客は困っていたと思う 
でも、結局みんな見て見ぬふりだった 


引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(131)

この記事の続きを読む


自転車事故で出血したお婆ちゃん「救急車はイヤ!一度家に帰りたい!」私「近所なので送っていきます」Kサツ「救急車呼んだ方が早いよ」→結果‥

686: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)19:32:38 ID:z47
かなりプチだけど自分的にはスレタイだったので。

少し前に自転車同士の事故現場に遭遇し、80越えたお婆ちゃんが唇切って派手に出血してた。
救急車に乗ると何処の病院に行くか分からない不安や事故直後のパニックもあったのか、
警察の聴取中も「一度家に帰りたい」とずっと言ってた。


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その13



この記事の続きを読む


【ほっこり(´;ω;`)】クリスマスプレゼントとしてお婆ちゃんにDSとどうぶつの森をあげた。そんなある日、お婆ちゃんが寂しそうにDSを見る姿が…

538: 1/2 2006/01/12(木) 23:04:16 ID:LChV1ibm
530 枯れた名無しの水平思考 sage New! 2006/01/12(木) 10:50:33 ID:BcrMqxGz0 
私、おばぁちゃんにクリスマスにDSとソフト2本買ってあげて、 
そのうちひとつがどう森だったの。 
どう森は字がちっちゃくて見えないらしくて、村人の会話とかはタッチしてるだけなんだけど、 
売り買いの仕方はわかったみたいで、楽しそうにやってくれてたの。 
もちろん、釣りなんてできないけど、貝殻拾ったり、オレンジ拾ったりしてて・・・ 

部屋も一部屋だけど、結構きれいにレイアウトとかしててさぁ・・・ 
めずらしそうな家具を見つけたら、真っ先に私にくれて、 
うれしそうに「それ○○(私)持ってないでしょ?」って聞いてくれて、 
持ってても「持ってなかった!ありがとう!」ってゆってさ、 
おばぁちゃんうれしそうで・・・私もすごくうれしくて・・・ 

引用元: あなたの心がなごむとき~第26章



この記事の続きを読む


婆ちゃんは毎年、お年玉を渡すのが楽しみらしく麻痺した手でポチ袋に一生懸命名前を書いてくれる・・それを何とコトメが勝手に手に取り!!!

887: 名無しさん@HOME 2012/12/09(日) 12:11:37.76
うちの実家の高齢の婆ちゃんは、息子娘三人(伯父伯母父)とそれぞれの孫ひ孫に、毎年お年玉を渡すのを楽しみにしてる。中身は文字通りお年玉の一律ワンコイン。 

だけど綺麗なキラキラ硬貨を一年がかりで集めて、ポチ袋にマヒした手で一生懸命名前を書いてくれてる。 
いつまで続けられるかわからないし、親世代や成人した孫はもったいなくて使えない。 

引用元: 小姑むかつく80コトメ



この記事の続きを読む


近所のおばあちゃんは優しく皆に好かれていた。しかし、そんなおばあちゃんは亡くなってしまったのだ・・A子が柿の木を燃やしたから。

423: 名無しさん@おーぷん 2014/05/28(水)19:36:33 ID:HK17ep0HJ
私が小学生の頃の修羅場。

私の住む地域は田舎で近所同士が仲が良い場所だった。
私の家から50メートル程離れているところに、80歳くらいのおばあちゃんが住んでいた。
おばあちゃんは人柄が良く、大人からも子供からも大人気で、一人暮らしだが色んな人がおばあちゃんに会いに来ていたのでいつも賑やかだった。

おばあちゃんの家の敷地には、大きな柿の木がある。
びっくりするほど大量に実る上にめちゃくちゃ甘い。
おばあちゃんは、干し柿などにしていたが、それでも余るため、遊びに来た人たちに分け与えていた。
私と兄もおばあちゃんの家に良く遊びに行っていて、柿を食べながら昔ながらの遊びを教えてもらったりしていた。

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その2】



この記事の続きを読む


【ほっこり(´∀`*)】小雨の降る中で松葉杖のおばあちゃんを見かけ傘に入れて傘のいらない道まで送ってあげた。その時に約束をしたんだけど・・w

708: おさかなくわえた名無しさん 03/05/23 00:06 ID:i3R9ZR+Z
ある小雨の降る日、病院へ行く途中の松葉杖のおばあちゃんを傘に入れて傘のいらなくなる道まで送ってあげた。 

歩きながら話してたら、私のマンションが分かったみたいで、「必ず娘とお礼に」というので、「そんなこと結構ですよ」と言ったけど念のため玄関を掃除して、準備した。 

引用元: ■■ いい人、やさしい人の話2 ■■



この記事の続きを読む


【ほっこり(´∀`*)】うちの婆ちゃんは渡したプレゼントを使わずに押入れに作った『大事箱』という名の段ボールに仕舞い込む習性があるんだけど・・・

629: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2007/04/05(木) 22:41:40 ID:iNGtj7jZ0
188 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/04/05(木) 17:08:47 ID:Jx2uqa8/ 

ところてんマン、ありがとう! 

感動とは程遠いけど、うちの婆ちゃんはプレゼントを遣わずに 
押入れに作った「大事箱」という名の段ボールに仕舞い込む習性がある。 

引用元: あなたの心がなごむとき~第35章



この記事の続きを読む


【ほっこり(´∀`*)】お婆ちゃんが自転車の前に飛び出した→兄ちゃん「危ねーだろがババア!」私「ちょっと…」兄ちゃん『おめぇーがしんだら孫とかじじいとか悲しむだろが!!』

783: 名無しさん@どーでもいいことだが。 04/12/16 19:30:21 ID:bUOBMYPp
882 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 04/12/16 19:13:23 ID:ozP3T/u8 

今日、走ってくる自転車の前にふらふらと飛び出したおばあちゃんがいた。 
ティッシュ配りのバイト中だった私がそれに気付いて危ない!と思った瞬間には自転車の兄ちゃんが急ブレーキかけつつ「危ねーだろがババア!」と怒鳴ってた。 

確かに完全にそのおばあちゃんの不注意でのことだったんだけど、でもそんなキツイ言い方しなくても…と、思わず2人の間に割って入ろうとした。 

んだけど、私が「ちょっと…」って言いかけたその時にその兄ちゃんは「おめぇーがしんだら孫とかじじいとか悲しむだろが!!」と。 

引用元: あなたの心がなごむとき~第17章 

この記事の続きを読む


【うるっとする話(´;ω;`)】オレは小さい頃、自分で考えたすごろくを書いてはおばあちゃんに見せて楽しんでいた。

389: 1/2 04/09/10 18:53:41 ID:CAEB3DUa
888 名前: M7.74 投稿日: 04/09/10 18:38:56 ID:lRTtqyKT 

オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。 
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。 

それをばあちゃんに見せては 
「ここでモンスターが出るんだよ」「ここに止まったら三回休み~」 
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。 
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。 

引用元: あなたの心がなごむとき~第15章

この記事の続きを読む