449: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 14:37:01.95 ID:8qXSr2zt.net

長文すまんがこないだ実家から連絡があり、
隣の家の孤独な狂人ババア(70代)がシんだという話

まず前提
実家は雪国の郊外で、農家ではないけどみんな普通に広い土地を持っている
そういう家では最低でも手押しの除雪機が必須、ほとんどの家は
個人で除雪用の小型ブルを持っている

それが用意できないお宅は、戸別に業者に除雪を委託
(広さにもよるがだいたい5万〜10万/1シーズン)

5年ほど前までは隣家の爺さんが健在で、ヒマさえあればうちの親父と行き来し合う仲だった

引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第195話



スポンサードリンク



その頃は両者のロ約束で、夏季は隣家がうちの庭の草むしりをする

冬季はうちが隣家の除雪もするというギブ&テイクが成立していた

隣家は爺さん婆さんとも共産党支持者で、家の国道側にあのおぞましいポスターを掲げていたが、
狂信者は婆さんの方で、爺さんはどっちかっつーと婆さんに付き合わされていたかのポジションだった
このババアが金のもう者でもあり、ケチこそ美徳という考えなので隣家にブルがなかった

ここから徐々に本題
隣の爺さんがなくなって婆さん一人残されたが、いくら狂信者とはいえシんだ爺さんとの約束は有効
親父は変わらぬペースで隣家の除雪を続けていた
ところが夏季になってもババアは一向にうちの庭の草むしりをしない
「そろそろやるから、待ってて」とのらりくらりとサボるだけ
しびれ切らして親父が自ら草むしりやると、終わった頃に「あたし今日は草むしりやろうと思ってたのに」だ
それでも契約履行完全ゼロというのは立場が悪いのか、ほんの少しは草むしりをするわけだ
と言っても生前の爺さんの5%にも満たない微々たる量だけど

450: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 14:37:37.44 ID:8qXSr2zt.net
(続き)

そして冬
以前は毎日のように隣家の除雪をしていたが、ババアの態度から明らかなようにそこまでする義理はない
「まああんな奴でも一応はお隣さんだし、月に一回ぐらい除雪してやればいいと思ってた」
とどこまでもお人好しな親父はそう考えていたようだが、狂信者ババアに常識は通じなかったようだ
「いつになったら除雪するのよ!」
「外出できないじゃない!」
「来年からもう草むしりしないよ!!」
とサヨク思想全開のデンパを浴びせてくるのだった

そこで親父とお袋がたまりかねて隣家にあがってババアと話し合いの場を設けたそうだ
・「草むしりするから除雪してくれ」は、そもそも生前の爺さんからうちにお願いしてきたことだ
・こちらが十分満足するほど草むしりをしてくれたので、うちも十分なお返しをしてきたつもりだ
・爺さんがなくなった最初の冬もうちは約束を守り、きちんと除雪をした
・にも関わらず約束を一方的に破ったのは婆さんの方なので、うちも守る義理はない
・うちの草むしりが面倒ならそれでいいから、今後はうちを頼りにしないで自分で除雪してくれ
(当然のように録音済み)

こういう趣旨の通告をしたら、ババア最初はヒスりまくってたけど最後は泣いて拝んできやがった
「反省もしたようだし、来年はきちんと草むしりすると約束してもらえたので、今年は除雪してやる」
とお開きになり、その年の冬も親父はせっせと隣家の除雪をしていた

ところがというか予想通りというか、その後、夏になってもババアは全然草むしりをしない
前年は爺さんの5%ほどはやったけど、この年は完全ゼロ
ババアに言わせると、
「あんた(親父)が約束破って除雪サボったんでしょ!だからあたしも草むしりなんかしない!」だ
いったいどういう理論展開でここまで立場が変わるものなのか、ババアの脳みそを見てみたいものだ

451: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 14:38:17.86 ID:8qXSr2zt.net
(続き)

なのでその年以降うちは隣家にノータッチ、除雪を催促する電話があってもガチャ切り
泣こうが叫ぼうが完全スルー
様子を見ていたらババアが手配したのか、1月ぐらいから隣家に除雪の業者が入るようになったらしい
ところが3月くらいからその業者も全く姿を見せなくなった
田舎なのである意味みんな顔見知りだから、後でたまたまその業者の従業員と親父があった時、
「あのババア、全く金払わねえからキャンセルした」とのことだ

こんなことが数年続き、支払いもされないと噂が広まっては除雪を引き受ける業者なんかいるはずもない
今シーズン(2016年12月〜2017年4月)は、とうとう隣家にただの一度もブルが入らなかった
で、今年の3月頃、隣家から119番通報があり衰弱しきった状態で救出された
ババア、意地になって半年分の食料と燃料を買い溜めて籠城するつもりだったが、
偏った食生活と運動不足が災いして半分寝たきり→ほぼ絶食だったらしい
救急車が駆けつけて一命をとりとめるも、結局この無茶な食生活がアダとなって数か月前に他界

何が図々しいって、ババアの自爆テロなのに親父が原因じゃないかと疑われた点
虫の息で救急隊にババアの恨み節が伝わり、その証言が各方面に回ったようだ
まず警察から事情徴収を受けたらしいが、例の録音テープが証拠となり親父は完全シロ
ところがこれだけで終わらないのがサヨクのサヨクたる点
今度は地域の共産党支部長なる極めてウサン臭いやつが訪ねてきたそうだ
「親父さんが除雪の約束を破ったのでこのような事態を招いてしまったと聞いております」
から始まり、やはり同様に今までのいきさつと録音テープを聞かせるも、
「あなたに良心はないのですか?」等々の感情論にシフトしたりで支離滅裂だったそうだ

まあ数か月前に全て片付いたそうなので忘れないうちにカキコ
長文スマン

455: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 17:34:28.34 ID:EsF8a+yw.net
クソババアだな。
支部長に助けを求めればよかったのに。

453: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 16:28:31.85 ID:hP4sHvzu.net
何よりも雪深さに驚いた

456: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 17:48:44.20 ID:Xqx8y7tN.net
シんで良かったよね
お疲れ様