352: なごみ 2006/08/06(日) 01:04:34 ID:CznIwL+p
この流れでなぜか思い出した姉バカな話。 

妹は小学生の頃たまに帰り道でタヒんでる鳥を見つけるとティッシュにくるんで 
持って帰っては庭の端に墓を作ってやっていた。 
その墓ゾーンにある春植えた覚えのないヒヤシンスかなんかが咲いた。

引用元: あなたの心がなごむとき〜第31章



スポンサードリンク

 
昔植えたのかなんかたまたま育ったんだろうとは思うけど、
嬉しそうに「お礼いってくれてるんかな」と言う妹に和んだ。
ごめん姉ちゃん鳥が肥やしになったんだななんて思ってごめん。

353: なごむ 2006/08/06(日) 01:11:03 ID:VUB1PIRh
>>352
梶/井/基/次/郎乙
妹さんがその気持ちを忘れないといいね。

360: なごみ 2006/08/06(日) 12:18:54 ID:RZCk9Nna
>>352のお母さんが妹さんの為にこっそり植えたとかだったら
いいなぁ…
優しい気持ちを忘れないでねって感じで。