※衝撃的な内容となっております。ご了承ください。

61: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)07:33:31 ID:0ks
中学生の時、勉強中に削ったばかりのトゲトゲの鉛筆が机から落ちて
俺の足に真っ直ぐ刺さった。
その時に折れた鉛筆の先が中に入ったまま取れなくて
ずっと足に薄いグレーのほくろみたいな感じで見えてたんだが
二十歳を過ぎてからお風呂でグリグリ弄ってたら取り出せそうな感じで浮いてきたので
思い切って風呂上りにカッターで1?ぐらい切ってみたら取り出せた。


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6



スポンサードリンク


その時にビックリするぐらい大量の黄色いゲル状の膿がプリプリ出てきて驚愕した。
たぶん小さじ1ぐらいあったと思う。(印象だけどw)
ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!ってひとりで大騒ぎしてたら
隣の部屋にいたねーちゃんが「どした!?」ってやってきたけど
俺の足をみてひぃぃぃぃぃぃぃ!!!ってなって
その様子を聞きつけた親父が「どしたんじゃー!!!」って飛んできたが俺の足を見て
うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!ってなって
洗い物中だったらしい母が「五月蠅いわねぇ〜」とエプロンで手を拭きながらやってきたが
俺の足を見ると「なんなの?これ」と言うのでカクカクジカジカと説明したら
「ちゃんと消毒しときなさいよ」と言って去って行った。
それで3人冷静になってなんかポカーンとしてたら母が戻ってきて
マキロンを置いて出て行った。
経産婦の肝の据わり方パネェ。