633: なごみ 2007/02/15(木) 03:40:18 ID:EXs7H3xV0
うちの友人に、常にクロッキー帖を小脇に挟んでいる奴がいる。中には落書きと称すクロッキー?と走り書きがいっぱい。 
そいつは人間的に性格をなかなか掴めない非常にユニークな奴で、ダレも彼の素顔を掴んだものはいないとされるぐらいの人。 

自分は時々それを見せて貰って楽しんでいたりするんだが…昨日、奇妙なページを見つけた。 
普段は絵と、本当に走りがきばかりのページの中に、比較的丁寧な文体で、先ず、「お助けできますか?」と書いてあった。 
その書き込みについて聞いてみると、「先日、駅で迷子の耳の聞こえない人がいたんよ。んで、その人との会話跡やね。」とのこと。 
興味をかられたので、1ページの中に乱雑に書かれた文章から、許可を貰って会話跡を辿ってみると、これがまた非常に和む会話だった。 

引用元: あなたの心がなごむとき〜第34章



スポンサードリンク



友人「お助けできますか?」
迷子の人。『助かります。○○ホールに行きたいんですが』
「スミマセン。正直判りませんが、交番までなら案内できます。」
『ありがとうございます。』
「(地図を描きかけた跡)…これじゃあ判りにくいので、一緒に行きませう。」
『お手数かけます。』

実際にはもっと色々書き込まれてて、なおかつ本人曰くボディーランゲージ含めたものだったらしいが…
彼のクロッキー帖のなかに非常に心和む空気が広がっていた。

なお、その会話のページの次のページは、「キニシナイでクダサイなー。」と喋るパンダの絵だった。おそらく迷子の人への言葉だろう。

何だか文章じゃ上手く表現できないや。ごめん。


634: なごなご 2007/02/15(木) 03:50:26 ID:Ov6fkTEw0
パンダのフキダシ想像できたwナゴナゴ(´∀`)

636: 和むなぁー 2007/02/15(木) 10:23:15 ID:d2D7CfTw0
>>633
クロッキー帖持っているだけだと変人なのに、
こういう時は何てスマートなんだと感心してしまった
そこだけ丁寧な文字になごみまくり