929: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2014/02/10(月) 03:24:00
小学生のとき、通学路の土手、橋の下にちと狂ったおっさんがいて、 
俺らはいつも石を投げたりして馬鹿にしていた。 
ある日、友人の中でもかなり馬鹿っぽい奴が 
帰宅途中に長い棒を拾って、ドラクエの勇者気取りで振り回しては悦に浸っていた。 
そして、おっさんの住処に近づき、そいつはなぜか棒を振り上げながら 
おっさんに突進していき、棒でばしばしなぐった。 
おっさんは「やめてください、やめてください」って敬語で俺らに嘆願していた。 
友人は「やめて欲しかったら『かいだん』って漢字で書いてみろよ!」 
って言った。ちょうどその日学校で習った字だ。 

引用元: 後味の悪い話 その6



スポンサードリンク



おっさんは橋のコンクリの所に小石で、『階』のつくりと偏が逆になったような物を書いた。
『段』は書けなかった。
友人は、「ばーか、こうかくんだよ!」ってその横に『階段』って書いた。
気がすんだのか、それ以上何もしなかった。おっさんはうずくまっている。
その日も、普通に遊んで帰った。
それからしばらくして、そのおっさんが捕まった。
銃刀法違反で。やくざの方々から拳銃を預かっていたそうだ。
撃ちコロされなくて良かった。

930: 猫戦車 2014/02/10(月) 06:05:00
撃ち殺されてれば後味のイイ話になったのにな(w

931: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2014/02/10(月) 10:03:00
確かに撃ち殺されればよかったのに。
そのおっさんは何故撃たなかったんだろうか
後味わる

932: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2014/02/10(月) 10:37:00
>>929
うーん
後味が悪いのは、大人になって、自分がしたひどいことを反省しての
カキコじゃなく、
自分のことを心配して・・・っていうトコ。
ろくでもないヒトだね

そのおじさんは確かに、普通ではないところもあっただろうけど、
ボウリョクに耐えて、子供にやりかえさないイイヒトじゃないか