507: 名無しさん@HOME 2015/07/19(日) 23:58:57.23
小学校6年の時に家族旅行で行ったイギリスのヒースロー空港で迷子になった時 

一人で泣いていたらアラブ系っぽい人たちに声をかけられ、係員の人を呼んでくれた 
係員「チャイニーズ?」 
私「ノー、ジャパン」 
係員「ファザー、ネーム」 
私「マツウラ タロウ(仮名)」 
こんな感じで出身地、自分の名前、両親の名前、乗った飛行機は答えれた 
パスポートがあれば一発だったんだけど、無くしちゃいけないからと入国審査後に母親に預けていた


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £116



スポンサードリンク

 

アラブ系の人たち、係員の人(女性)と私でバス停みたいなとこで待つ
「オーケーオーケー」と待っている間は優しく慰めてくれてた
無事に両親と合流でき、イギリス観光を楽しめた

帰ってしばらくしてからヒースロー空港の利用者数の規模を知って青ざめた

508: 名無しさん@HOME 2015/07/20(月) 00:45:22.66
子供なりにちゃんと落ち着いて受け答えできて良かったねえわりとマジで

510: 名無しさん@HOME 2015/07/20(月) 07:06:59.49
>>507

梅田で迷子になった事すら、軽くトラウマな俺には、
想像もつかん修羅場だそれ・・・

520: 504 2015/07/20(月) 09:30:37.66
504です
一人でポロポロ泣いていたので、まともに受け答え出来るまではそんなに時間かかりませんでした
両親の姿を見て泣きじゃくりました

アラブ系っぽいというかUAEの偉い人と同じような格好してたのでそのまんまアラブですね
観光で立ち寄ったデパートにも、アラブ系の人がいたので、あの人達は石油王だったのかなーと勝手に考えてます