□報告者94 ◆xgSWdejH02 シリーズ

1/8 2/8 3/8 4/8 5/8 6/8 7/8 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


659: 94 ◆zviE1zki7Q 2014/12/13(土) 11:33:49.07
数日後、A美へ連絡し週末に部屋に行く約束をした。 
部屋に着くとお風呂上りだと思うけど、化粧も 
ちゃんとしてたし、服も可愛らしい感じで 
ちょっとイメージが変わったかも。 

顔は緊張していたが、部屋に上げてもらい話しをした。 
まずは、ホテルでも言ったように、会社にも言わないし 
新たに慰謝料請求などの話ではない事を告げた。 

少し安心したようで、飲み物を出してくれたが、 
ビー ルが出て来たので、まじめな話だから 
アルコール以外を出すように言ったら、困った顔をした。 
この時は困った顔をした理由はわからなかったし、 
あまり気にしなかった。 

引用元: 【怪しい】嫁の浮気報告スレッドPART4【発覚】





スポンサードリンク




外の自販機でお茶を買いに行ってくれたので、
それを飲みながら話しをした。

俺自身、あまり考えも纏まっていなかったので、
前に聞いた借金の話からする事にした。

俺  「この前の借金の話だけど、明細あるよね?出して?」
    「それと、通帳と給与明細も出して」
A美 「・・嘘ついてないよ・・ほんとだよ・・」 

俺  「疑ってないよ、いいから出して。ついでに生活費も書いて」
近くにあったチラシの裏に月々かかる生活費を細かく書かせた。

A美 「前も言ったけど、ほんとにお金払えない・・何でもするから・・」

俺  「その発想やめろって・・お金取るなんて言ってない。いいから書いて・・」
A美 「・・うん・・わかった・・」

661: 94 ◆zviE1zki7Q 2014/12/13(土) 11:42:34.90
この時A美は怖かったかもね。
突然、こんな事言われたら普通は怖い。
生活費も書き終わり、借金の明細なども確認した。
まだ借金が95万残ってた。
A美の給料から生活費を引くと、月々の返済はギリギリ足りない。

俺  「これって、今の状態では返済追いついてないよね?どうしてるの?」
A美 「返して借りての繰り返し・・・」

俺  「バカか・・間男からの援助はないの?」
A美 「あの人は人を助けるとか絶対にしないよ・・」

俺  「じゃあ、俺が言う通りに払って。少しは楽になるから」
A美 「無理だよ・・私これでも経理だもん・・どうやっても無理・・」

確かにA美の言う通り、どう考えても返済は無理。
収入が増えない限りはね。
だから助ける事にした。
利用する為には必要だと思ったしね。

俺  「まず、返済は正規(まともな金融機関)のとこだけにして」
    「次に危ないとこは一括で返せば問題なくなる」
A美 「だから無理・・足りない・・一括なんて無理・・」

俺  「これ使っていいよ、これで問題ないだろ」←用意していた40万を出した
A美 「なんで?・・」

俺  「別にあげる訳じゃないし、貸すだけだよ」
A美 「貸してもらう理由ないし、すぐには返せない・・」

俺  「貸す条件もあるから。半年間俺と付き合うのはどう?」
A美 「どういう事?」

俺  「言葉通りだよ、普通にここに泊ったりもするし、勿論関係も持つ」
A美 「付き合うのはいいけど、お金はいらない・・・」←またこの発想

俺  「それじゃ意味ないだろ、借金減らないじゃん」
   「いいから言う通りにして。どうする?」
A美 「・・わかった・・じゃあ借りる・・ありがと・・」

662: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/13(土) 11:43:21.80
94さん 凄過ぎ! 女なら抱いてくださいだなww

663: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/13(土) 11:47:12.35
弱ってる女にうまくつけこんでるだけだけどなw

664: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/13(土) 11:47:58.52
まあ、利害が一致してるなら問題はないな

666: 94 ◆zviE1zki7Q 2014/12/13(土) 11:55:46.31
会話はかなり長いので割愛。
ちょっと強引だったけど、A美は付き合う事で合意した。

俺  「そういえば間男どうしてる?あれから連絡は?」
A美 「あるけど、あまり返事してないし、もう返事しない・・」

俺  「別に返事していいよ」
    「でも、俺と付き合ってる事だけは、ちゃんと伝えて。理由は言わなくていいから」
A美 「付き合うのに嫌じゃないの?」

俺  「来たメールに返事するくらいならいいよ」
   「ただ、絶対に会うな。それと連絡が来たらちゃんと報告して?守れる?」
A美 「元々会う気ないし、ちゃんと報告する・・約束するから・・」
   「私の事信用出来るの?私の事嫌いでしょ?・・逃げたらどうするの?」

俺  「逃げたければ好きにすれば?それだけの女だったって話でしょ?」
A美 「逃げたりしない・・約束する・・」
   「今、間男にメールする」←(彼氏が出来た、相手は俺さん)とだけメールしてた。

俺  「お腹すいたね。カップ麺とかある?(笑)」
A美 「・・ごめん・・何もない・・」

「何もない」の言葉になんか引っかかった。
普通、カップ麺は無くても何かあるでしょ
何もないって事はないと思った。
キッチンは自炊してるのは、ちゃんとわかる状態。
じゃあ、ビー ル飲むと言って、冷蔵庫を開けたら
A美は慌てた。

冷蔵庫は殆ど空、他も調べたらお米も僅かしかない。
A美の部屋には食べる物がほとんどない。
問い詰めてみたが、答えは想像出来ていた。
単純にお金がないんだと。

ここでビー ルを断った時に困った顔の意味が分かった。
他には用意してなかった(買えなかった)と言う事だろう。

A美は、平日のお昼は同僚と普通にランチをしてたらしいが、
夜は殆ど食べずに週末はスーパーの見切り品のパンを食べていたらしい。
さっき出したビー ルも無理して買ったそうだ。
俺も流石にキレてしまった。

677: 94 ◆zviE1zki7Q 2014/12/13(土) 12:09:01.20
今嫁から、お昼出来たとのお話がありましたので、
強制連行されます。

まだ暫く俺もクズだって話が続きます。
では後ほど。

680: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 12:10:09.74
くそう、仕事中なのに気になって仕方ねえ

681: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 12:19:52.77
モニターの前から動けん④

686: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 12:54:53.44
間は間嫁との離婚に関してはゴネなかったのか?
というか、間嫁<<<<A美 だったってこと?

693: 94 ◆zviE1zki7Q 2014/12/13(土) 13:14:30.06
>>686
離婚はゴネてないですよ。
間嫁の条件を無条件で飲むように取引しましたからね
間嫁に戻れないのならA美って思ったのかな
まぁ打ち砕くけど。

登場人物(女)では、外見はこんな順番かな
間嫁・A美>元嫁友>元嫁
あくまで俺目線ね

今、気づいたけど名前の横のアルファベットが変わってる
これって変わるの?

695: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:19:30.76
>>693
間男は女・女・女ばっかで自分の娘の存在が無かったことになってることが恐ろしい④

696: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:19:46.13
トリップ間違えてるだけじゃね

699: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:24:43.79
>>695
その辺の事はあとから出て来ます。

701: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:26:12.27
直った

じゃあ、続き書きます

704: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:29:00.47
A美に財布を出すように言ったら、嫌がったので、
バッグから勝手に財布を取って中を確認した。

俺  「これ以外にお金は?今月いくら残ってる?」←1000円札3枚と小銭だけ
A美 「もうない・・でも定期あるし大丈夫・・」

俺  「これしかないのにビー ル買ったのか?給料日って25日?」
A美 「・・うん・・だって出せるものなかったから・・」

俺  「後10日以上もあるじゃん!どうするつもり?全然足りないだろ!」
    「お金で見栄張るな!見栄張って食べれないんじゃ意味ないだろ!」
    「これ使え!今はもうこれしかないけど足りるだろ」←財布にあった2万を出した
    「ちょっと待ってて!!」

近くにあるコンビニに行って、お弁当とサラダとお水と
お茶、他の飲み物、カップ麺、お菓子などを買って来た。
俺もこの時点で残金2000円くらいになかったかな。

戻って来たらA美は泣いてた。
泣いてた理由は後からわかったが、自分が情けなかったらしい。
買ってきたお弁当を食べながらA美が自分の過去について話し出した。

A美 「間男が来ると、いつも大変だった・・ビー ルとかおつまみとか・・」
俺  「お金は入れなかったの?」

A美 「全然入れなかった・・私はそういう男しか寄って来ないみたい・・」
俺  「そっか、ちゃんと人選ばなきゃ・・」

A美 「間男に貸したお金も戻って来ないし・・」
俺  「は?お金貸したの??いくら??」

A美 「・・50万・・でもいいよ・・どうせ返って来ないし・・」
俺  「それいつの話?」

A美 「2か月くらい前だったと思う・・」
俺  「なんか証拠ある?銀行からおろした?通帳に記載されてる?」

A美 「うん・・後メールも残ってるかも・・」
俺  「メール見ていい?」

708: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:38:42.00
約2か月前の通帳の記載に50万の引き出しがあった。
その2日前に借金の申し込みのメールも残ってた。
その何日か後に、来月返すとメールもあった。

この時点で「返す予定の来月」から1か月以上が過ぎている。
間男は、その時期はそれどころじゃなかったはず。

たぶん、最初から返す気は無かったと思う。
どうするのがいいか考えたけど、お腹が空いて
頭が回らないので、とりあえず弁当とサラダを完食。

A美も落ち着いて来たみたいだったので、どうしたいか聞いてみた。
取り戻す気はないと言われたが、約束は出来ないが任せてくれるように言った。
何故そこまでするのか聞かれたが、特に理由はないし、
ただ、借りた物は返すのが常識、とだけ言った。

ほんとは間男を追い詰める材料は見逃せない。

その後も色々話したが、不幸を背負うタイプの女だったね。
そういう男に引っ掛かり易いんだろうね。

その日は遅かったので、泊めてもらった。
当然何もなかったが、翌日は近所のスーパーへ買い出しに行った。
なんかわからないがA美は嬉しそうだった。

A美 「こういうの夢だった・・」
俺  「こういうのって?」

A美 「男の人と一緒にスーパーとか・・」
俺  「これ夢って言う??(笑)みんなするでしょ」

A美 「私したことない・・」
俺  「そっか・・まぁ半年は付き合う約束だし、何度かこういう機会はあると思うよ」

A美は凄く嬉しそうだった。
こんな事で喜ぶ女もいるんだね。
そんなこんなで買い出しも終わり、食材を運んで俺は帰宅した。
特に何もする事もなく、TV見たりして過ごしてたが、
夜になりA美から電話があった。

出てみると、間男が凸って来てるらしい。
助けを求める電話だった。
相手を確認しないでドアを開けたらしい。
ICレコーダー持って行ってみると、間男が驚いている。

711: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:45:40.06

A美の声が酒焼けした声で脳内再生される。

712: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:47:39.81
鬼奴か…

713: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:51:10.18
>>711声は綺麗だよ。女性らしい声だと思う
で続き

間男はビー ル片手に固まってる。

俺   「久しぶり、ここで何してるの?A美に何の用?」
間男 「ふざけるな!出ていけ!」←声震えてる

俺   「それは俺のセリフなんだけど、A美から聞いてない?俺と付き合ってるんだけど」
間男 「あんなの信じられるか!どうせ脅してるんだろ!」

俺   「脅す?俺が?脅す人間が金出すか??」
間男 「金?何の話だ!」

俺   「お前、身に覚えないか?2か月前の事忘れたか?」
間男 「A美喋ったのか?」
A美  「だって返してくれないじゃん!そのおかげでどんだけ苦しいか」
    「慰謝料だって借金して払ったんだよ」

間男 「だからって、こんな男に頼るのか!」
A美  「あんたなんかより、全然いい!見返りも要求しないし!心配もしてくれる!」
    「間違った事した時はちゃんと怒ってくれた!」
    「あんたは、やる事ばっかじゃん!!」

A美がかなりヒートアップして罵倒して聞いてられないので割愛。
それ言ったら、男立ち直れないからって言う事も言ってた。
まぁ下の事なんだけどね。

715: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:52:35.64
>それ言ったら、男立ち直れないからって言う事も言ってた。
これ書かなきゃw ④

716: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:53:17.68
小さいだの、早いだのってことかwww
そこんとこ聞きたいなー、そして間男pgrしたいwwww

717: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:53:32.31
>>715
9cmとか候とかだろ
察してやれよ







721: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 13:57:22.10
ちょっと待って、下書きには書いたから
ちょっと抜粋します。

732: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:08:33.26
>>721
ちょっと待て。
A美にそんだけフラグ立てておいて
元間嫁さんと結婚したの?
鬼なの?趣味がフラグブレイカーなの。??




支援

733: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:12:05.50
>>732
フラグブレイカー…なんかカッコいい響きだな

734: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:12:15.38
A美がヒートアップした部分です。

「あんた、女は抱けば満足するとでも思ってるの??」
「強引にでもすれば喜ぶとでも思ってるの??」
「仕事で疲れてる時に演技するのが辛いって気づかない??」
「感じてるのか演技の区別も出来ないんでしょ!」
「臭い○○ポで迫って来るな!!シャワーくらい浴びろ!」
「俺さんは凄い良かった!あんたとは月とスッポン!!」
直接的な表現のとこは省きました。

こんな感じだけど、誤解があるといけないので言うけど、
俺、この時点では、まだA美としてないから。

>>732
鬼なんだと思う

735: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:14:30.26
>>734
そもそも何でA美と間男は付き合ってたの?そこん所って書いてたっけ?

738: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:18:56.36
>>735
聞いてないけど、確かA美の会社の子会社が
間男の会社だったはず。
特に重要じゃないと思ったから書かなかった。すまん

じゃあ続き

俺   「間男、ちょっと座れ、俺との約束覚えてるな?」
間男 「約束?」

俺  「弁事務所での約束だよ、お前次第だって約束したよな?」
   「借りた金の事は、お前の両親は知ってるのか?」
    「そもそも最初から返す気無かったな?」
    「2か月前のお前じゃお金の都合は出来ないはずだ!」
A美 「やっぱり返す気無かったんだ・・」

間男 「そんな事はない・・ちゃんと返そうと思ってた・・」
俺   「じゃあいつ返す?って言うか3日だけ待つ。今度の水曜までに全額返しに来い」

間男 「3日?待て!それは無理だ!3日間では用意出来ない」
俺   「3日間じゃないだろ、借りてからは2か月経ってる」
     「水曜の夜にお前の実家に連絡する、弁事務所での約束もなしにする」
    「一切の譲歩はしない。わかったら帰れ!」
    「お前、口約束の意味わかってるか?俺の気が変われば意味ないんだぞ」
   「それと、お前が飲んでるビー ル、A美がなけなしの金で買った物だ」
    「しっかり味わって、残すなよ」

ビー ルを残したまま帰ろうとしたので、飲んで帰るように言った。
ビー ルを全部飲み、間男はとぼとぼと退散して行った。
その直後、間男実家へ連絡し、事情を話し、
間男に50万貸すように話を付けた。
弁事務所での約束は今の所破る気はないので、
単に脅しだったんだけどね。

739: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:20:48.39
94の元汚嫁がモブキャラ扱いになってる④

742: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:23:21.92
>>738
A美もそんな状況で間男にビー ルなんか出すなよ④

743: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:24:14.97
A美は途中から会話の内容が理解出来なかったらしく、
半分空気になってたかも。

A美 「約束って何?私にも関係ある事?」
俺  「あぁ、わかんなくていいよ、全然関係ないし、あいつの両親との約束だから」

A美 「凄いね・・私パニくったのに簡単に撃退したし・・」
俺  「嘘ついて生きてる奴なんて怖くないよ、嘘がバレたら終わりじゃん」

A美 「なんか耳が痛い・・私も同じなんだよね・・」
俺  「過去がそうでも問題は今だろ?今もあの男と同じになりたいの?」

A美 「絶対なりたくない・・もうあんな生活には戻りたくない・・」
俺  「じゃあ、戻らなければいいじゃん、じゃあ帰るね」
   「それとドア開ける時は、ちゃんと相手確認してチェーンロック忘れないで」

A美 「帰るの?泊って行かないの?・・いいよ泊っても・・」
俺  「明日仕事あるしね、また連絡するよ、じゃ!」

それからは、A美からは結構頻繁にメールが来た。
まぁどうでもいいような会話なんだけどね。
で、約束の水曜になった。
A美からのメールで夜お金を届けに来るそうなので、
来て欲しいとの事だったので、行く事にした。

夜9時過ぎに間男がやってきた。

俺   「来たねー、ちゃんと持って来た?」
間男 「これで文句ないだろ」

俺  「あんた自分の立場わかってる?あんまり人舐めんなよ!本気で怒らせたいか!」
   「あんたが望むなら、お互い徹底的に地獄見るか??」
    「俺は覚悟出来てるぞ!あんたは出来てんのか?」
    「まず謝るのが先じゃないのか?」

間男 「・・すみません・・」

俺  「数えて、ちゃんとある?あったらメモでもいいから領収書書いて」←A美に封筒を渡した
A美 「・・うん・・ある・・」

俺  「もうA美の周りうろうろするな!いいな!これ持って帰れ」←手書きの領収書を渡した

間男とぼとぼと帰って行った。
なんかほんとに落ちて行ってるって感じだったね。

746: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:29:34.75
>>738
その部分は書いてないけど、勝手に飲んだらしい

続き

A美はなんかホッとしたようだった。
これで俺への借金もなくなるしホッと
するのも当然かな。

その場で貸した40万と財布に入れた2万と返して来た。
勿論受け取った。
まぁこれでA美と付き合う理由も無くなったし、
条件は白紙のはずだったんだけど、A美から意外な一言。

俺  「これで付き合う理由もなくなったね(笑)短かったね(笑)」
A美 「まだ半年経ってないよ・・ちゃんと約束守る・・」

俺  「もうその必要ないよ」
A美 「私の事嫌い?」

ちょっと意外な言葉にビックリしたが、理由を説明した。
俺の目的は、間男を追い詰める事だったし、
その為に利用した事、馬鹿げてるけど、
元嫁を取られた仕返しにA美と付き合えば
間男に同じ仕返しが出来ると考えてた事を話した。

A美と会ったのは偶然だけど、利用しただけだった。

それと今回の借金の件で目的も達成されたと思ってる事も話した。
もう間男はA美には近づかないと思ったし、
間男がA美に近づかない以上、俺がA美と付き合っても
間男にはダメージないしね。
そしたら、更に意外な一言が返って来た。

A美 「それだったらまだだよ・・だってしてないもん」
俺  「もうする必要ないでしょ」

A美 「お願い!約束通り半年でいいから!」
俺  「俺と付き合うメリットは何もないんじゃない?」

A美 「そんな事ない・・一緒にいると、ちゃんとしなきゃって思う」
    「そういうのって大事だと思う」
俺  「良いけど、俺はまだやる事があるから傷つくかも知れないよ」
    「関係者の女とかまだ会わなきゃいけないし・・それでもいいの?」

A美 「うん・・全然平気・・あなたは嘘つかないと思う・・」

こんな感じで押し切られて継続になってしまった。
まぁ半年って言っても短いしね。
でも何もしない自身ない

745: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:28:57.09
94氏が間男に刺されるフラグが立ったなw④

751: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:38:03.77
後回しになったが、俺にはこっちが本題。
元嫁友なんだけど、良い方法が思いつかない。
とりあえず、元嫁友と話して考える事にした。
元嫁友マンションの近くのファミレスで会ったが、
かなりやつれた感じで、なんか見てられなかった。

再度、間男への気持ちを確認したが、変わってなく
今でも会いたいとの事だった。

仕方がないので、早々に行動に出た。
間男に連絡し呼び出した。
元嫁友には部屋で待っているように指示して
間男と2人で話した。

元嫁友の事を聞いてみた。

間男 「もう切れてるし終わってる」

俺   「そんな事が通るとでも思ってるのか?」
間男 「どういう意味だ」

俺   「おまえ、元嫁友に手術させたな?隠せると思うなよ」
間男 「そこまで喋ったのか・・・」

俺  「バカか・・写真撮られてたんだよ、興信所に」
   「で、どうするつもりなんだ?」

間男 「もう終わった話しだ」

俺   「おまえの両親は、もう1人孫が産まれるはずだった事を知ってるのか?」
間男 「知るわけないだろ!絶対に言うな!頼む・・言わないでくれ・・」

俺   「じゃあ責任取れ、きっちりな!」
間男 「責任?金か?」

俺   「金よりもっと大事な責任の取り方があるだろ!」
間男 「待て!それは無理だ・・出来ない・・」

俺   「何で?もうお前に残ってる女は元嫁友しかいないぞ」
間男 「無理なんだ・・親にも借金があるし責任を取っても生活が出来ない・・」
    「今の収入だけじゃ無理なんだ・・だから責任は取れない・・」

確かに、慰謝料は全額親からの借金だし、
責任取って結婚しても生活は出来ないだろう。
そこで間男に意思を確認してみた。

752: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:39:58.98
後日談なのに本編より濃ゆいな。


支援!

756: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:50:25.40
俺   「お金の問題がクリアになれば、責任は取れるって事だな?」
間男 「そんな事出来る訳ないだろ・・出来たとしても親はいい返事はしない」
    「頼む・・もう見逃してくれ・・俺が悪かった・・頼む・・」←ここで初めて土下座

俺  「あんた甘いよ!あんたの行動でどれだけの人が不幸になったと思ってる!」
   「おまけに産まれるはずだった命まで消したんだぞ!わかってるのか?」
    「俺があんたの親に話つけてやる、絶対に責任取れ!」

間男 「無駄だ・・親父(間父)が承諾するがずない・・もう見逃してくれ・・頼む・・」

俺   「やってみないとわからないだろ?俺には切り札がある」
間男 「また脅すのか?」

俺   「そうだな・・今回は脅しかもな」
間男 「親父が駄目だと言ったら手を引いてくれるか?」

俺  「引くわけないだろ!口約束の意味は理解してるか?俺の気が変わらないようにしろよ!」
   「とにかく承諾したら責任は取れ!いいな!証拠は処分してないぞ!」
    「前科が付く方がいいか、女を手に入れる方がいいか、バカでもわかる」
間男 「わかった・・」

俺  「絶対に離婚するなとは言わない、でも浮気はするな!」
   「俺の気が変わらないように行動しろ!」
間男 「こんな目にあってする奴はいないだろ・・」

俺   「自業自得だろ、浮気する奴は繰り返すって言うだろ」
間男 「そうだな・・」

時間的には短い時間だったが、間男もかなり
追い込まれてる感じだったかな。

その日は、元嫁友へ連絡し間男と話した事だけ伝えた。
会わせる約束は守るからとも伝えたが諦めてるようだった。

757: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:50:50.47
wktk。きつい師走のお楽しみ。
ヨウショしまっせ。

761: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 14:56:54.77
後日、間男父へ連絡し会う事になった。
ある程度話をしたが、かなり渋い顔をされた。

そこで、間男の子(孫)を妊娠していたが間男の指示で堕胎した事を教えた。
一人でも産むつもりでいた事も話した。
そこから事態は一変した。

間男父が、どうしても元嫁友に会いたいと言い出した。
どうしても謝りたいと言って来た。

後日、元嫁友を連れて、間男実家へ出向いた。
元嫁友、間男両親ともに深々頭を下げ謝罪していた。

間男母が、とにかく体の心配をしていたのが印象的だったかな。

間男母「もう体は大丈夫?何か困ってない?」
元嫁友「私は大丈夫です。ほんとに色々すみませんでした」

間男父「謝るのは私たちの方です。なんと言って詫びればいいか・・」
間男母「そうよ。あなたが謝る事はないのよ」

間男両親は、終始、元嫁友を気遣っていた。
俺と元嫁友が来る前に元嫁友の意思を尊重すると言う事で、
間男両親は決めていたようだ。

元嫁友の意思は変わわらず、今でも好きと言う事だった。
一応、間男両親も自分の息子でもお勧めは出来ないと、
何度も話していたが、元嫁友の意思は変わらなかった。

後は、間男父が責任を持って間男に言い聞かせると言う事になったが、
俺は、既に間男とはご両親次第と言う事で、話がついている事を伝えた。

間男母は、正直かなり喜んでいた。
実際、間男に新たにお嫁さんが来るんじゃ、喜ぶのも当然かもね。

でも問題も山積みだった。
間男が間男父からの借金もそうだが、最大の難関は
元嫁友両親の説得だろうね。

元嫁友の提案で、暫くはお付き合いして、
時間を掛ける事になったが、後は間男が帰ってからと言う事で
間男の帰りを待っていた。

それから1時間程色々話したが、やっと間男帰宅。
帰宅早々に結論から先に言われて、もう逃げられない。
俺と約束もしてたしね。

762: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 15:00:56.96
間男父いきなりヒートアップ。

間男父「本気なんだな?今度は失敗は許さんぞ!」
    「今度いい加減な事したら、俺がお前をコロす!いいな!」

間男  「・・はい・・元嫁友・・ほんとにいいのか?」
元嫁友「迷惑なのはわかってる・・でも一緒にいたい・・」

間男父「迷惑?とんでもない!おまえ(間男)迷惑なのか!!」
間男  「そんな事ないです・・」

間男父「じゃあ、後は俺が全部やる。いいな?」
    「元嫁友さんの生活は俺が保障する!お前はさっさと俺に金を返せ」
間男  「・・はい・・」

間男、ついに観念した。
暫く黙って聞いてたが、もう夜お遅かったので、この日は終了。
帰りは元嫁友を送って帰る事になった。

元嫁友には散々お礼を言われたが、苦労するのは
目に見えていたし、間男が改心するとも思えない事は
元嫁友にも伝えた。それでも信じるそうだ。

元嫁に取って、一番嫌な相手に逃げるように仕向けたが、
結局、復讐になったのかどうかはわからない。

刺々しい感じを想像していたが、なんか丸く収まった気がする。
俺は、この件にはもう関係ないので、ここから先には口は挟めないし、
後は、なるようになるって感じかな。

余談ではあるが、後日、長々とした謝罪文が
間男と元嫁友から届いた。

まぁ、反省してくれてればいいけどね
元嫁友はともかくとして、間男が反省するのかは疑問。

元嫁友とはそれ依頼会うつもりも無かったので
もう連絡する事はないし、連絡もしないように言って終わった。

765: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 15:05:35.08
94さん、すげーよ
それぞれの道を与えたんだな
ちょっと感動④

768: 94 ◆xgSWdejH02 2014/12/13(土) 15:12:33.71
>>765
何も凄くないよ
見方を変えれば、もっと修羅場になってもいいのに
やり方を間違えたとも言えるし。

A美とは約束通り半年付き合った。
一緒にいる内に当然、関係も持ったし、それなりではあるけど
楽しかったかな。

別れる前あたりのA美は、最初の頃とは別人だった。
棘が無くなったって言うのかな・・あれは。

付き合った半年の間は多分些細な嘘もつかなかったと思う。

表情も豊かになって、良く笑うよになってた。
だから半年経った時は、いつ別れ話しを切り出されるか
かなり脅えてたのを覚えてる。

別れる時は、A美は泣いて嫌がったが、何時間も話して納得させた。
その時に初めて、元間嫁に対してどう思ってるか聞いてみた。

かなり言葉には詰まっていたが、申し訳なさと後悔しかない。
そんな事を言ってたので、きちんと謝罪はしたのかも聞いた。

元間嫁へ謝罪してないのは知ってたんだけどね。
A美は、ちゃんと謝罪したいと言ったので、手紙を書くように言った。
住所は教えず、手紙だけ受取り俺が元間嫁実家へ郵送した。

そして最後に2泊3日で温泉に行って来た。
凄く楽しそうだった。
A美は、こういう旅行は初めてだったそうだ。
過去の男はいつも部屋に来て、適当に過ごして、
A美が世話をして、夜やる事やって帰る。
どこかに泊るとしたら、ホテルだったそうだ。

温泉入ったら部屋に食事の用意がされていて、
隣の部屋には布団が敷いてある。
窓の外には川が流れ、川を眺めながら酒を飲み話しをする。
誰にでも経験あるような事。
それがA美には無かったらしい。

夜寝る時に、俺と付き合った半年で楽しかった事や
良かった事とか、熱く語ってたけど恥ずかしいので割愛。

まぁ半年経ったからって、そういう女を捨てる俺も結局はクズ
俺も間男と同じ生き物って事かもね。


□報告者94 ◆xgSWdejH02 シリーズ

1/8 2/8 3/8 4/8 5/8 6/8 7/8 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)