884: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)01:06:57 ID:W9c
二人目の出産予定日が近づいてきて、
どうしても思い出してしまう一人目の出産体験を聞いてください
前駆陣痛と言われたので自宅にいたら産みかけた話し

自分は極度の痛がり。出産の痛みに耐えられないと思い
計画無痛分娩で1週間後に出産することが決まっていた。
その日は朝から軽い下痢のような痛みが続いていて夜になっても収まらず、
陣痛計測アプリで測ってみたところ6分間隔くらいになっていた。
念のため病院に行きNSTをとってもらうと
「陣痛の痛みが弱いから前駆陣痛だし、ここ1週間くらいでは生まれない。
無痛分娩希望者は痛みに弱いから大袈裟」と叱られた。



引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その16】



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク


深夜に帰宅し寝ようとするも下痢のような痛みが徐々に強くなり眠れない。
プレママ友もしょっちゅう前駆陣痛で眠れないと言っていたので
そういうものだろうと耐えていた。
病院から帰宅して2時間ほどで痛みの間隔が3分くらいになり
叫ぶほど痛くなってしまったし下/着に血がついてるしで再び病院に電話すると
「だからそれは前駆陣痛で生まれないから〜
どうしても産みたければ陣痛促進剤投与で産むこともできますけど、
安静にしてれば収まるんですよ?」
と面倒くさそうに言われて、
痛がりの自分が悪いのだと前駆陣痛が収まるのを待つことにした。

でも痛みがどんどん強くなり間隔もどんどん狭まり いきんでしまうようにもなった。
これは絶対生まれると分かったので再び病院や予め登録していたタクシーに電話しようとするも、痛みが終わると気絶してしまうので一向に電話がかけられず、そのうち破水し赤ちゃんが産道に入ったのか痛みが少しマシになったところでようやく病院に電話。

破水しているならすぐに来いと言われ、いきみのがしを頑張りながらタクシーで運ばれすぐに分娩台に乗せられすぐ出産した。
もう頭が見えていたようだ。
前夜の担当とは別の助産師に軽く謝られよく頑張ったと褒めてもらった。超安産体質とのことだった。

今度は里帰り出産だから別の病院で、1人目の時のことも話してある。
あんな体験は二度としたくない。
因みに、あの日夫は仕事でいなかったので全て1人でした。



スポンサードリンク