446: 名無しさん@HOME 2011/12/06(火) 16:01:34.09 O
うちのクソトメが余命3ヶ月と宣告された時は、
私も「もうタヒんじゃう人なんだから水に流そう」と殊勝に考えて優しく接した。 

結納の席で「高い結納金分の値打ちがある嫁かを見せてもらう」と言い放たれ、
カチンときて倍以上の額の持参金を見せたのが対トメ戦の始まり。


引用元: 【同居】実際に姑にされた嫌がらせ 2【別居】



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク


夫の希望で地味婚だったけど
「あなたの家はお金を出したくないんだろうけど、
息子が後ろ指をさされるような真似はさせない」と鼻息だけ荒くこっちを糾弾してきた。

事情を夫が説明したら
「息子タンも貧すれば鈍すの嫁実家のおかげで、肩身が狭くて可哀想」と嫁が悪いと脳内変換。
いちいち私と私実家を何とか見下そうとして、ことごとく墓穴を掘ってた。
孫は男の子しか認めん攻撃や、出産直後にトメ身内のジジババ多数引き連れた回復室凸、
名付けに口出しなどテンプレ通りの過干渉と嫁sageをやられたよ。

新生児の枕元で、うちは選択一人っ子と決めてると以前から言ってるのが気に入らなくて
「あなたももう年なんだから(当時25才)チャチャっと年子であと二人は生まなくちゃ」
「跡取り長男のこの子に何かあったら、控えを生んどけば良かったって後悔するから」
童話の悪い魔女の呪いの言葉みたいなのをぶつけられた。

それが切っ掛けで夫がほぼ絶縁を決心し、義弟から癌告知の知らせがあるまで没交渉になった。
セカンドオピニオンで長くて余命半年と言われたから、
せめて気分良く冥土に旅立って貰おうと我が儘放題を我慢してたら…

あれから三年以上たつけど癌と共栄共存してまだ生きてる。

クソトメは女王さま気取りで、先が短いのを盾に何をやっても許されると思い込んでる。
水に流すどころか、真っ黒い気持ちがドロドロに渦まいてるよ。


一分でも一秒でもはやくいけ!



469: 名無しさん@HOME 2011/12/14(水) 19:12:57.54 0
>>446
うわあ…参考になった
余命何ヶ月って言われても没交渉貫くよ!



スポンサードリンク