967: 名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木)10:15:07 ID:7s5
妊娠中に切迫流産になってしまい入院することになってしまった。
胎嚢に針の穴くらいの小さな穴が開いてしまっているので
自然に塞がりのを待つばかりで退院予定は未定だった。
旦那は夜勤の日以外は毎日病室に来てくれて優しく見舞ってくれた。


引用元: 旦那をずっと大好きな奥様part2 (n‘∀‘)η



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク


それから一ヶ月半のちょうど旦那の誕生日の日に退院が決まった。
誕生日プレゼントを用意出来なかったので、せめてもと
旦那に手紙を書いた。

いつも仕事に対して真面目で誇りを持って取り組む姿勢が素敵だと思っています。
私はそんな旦那をずっと支えていきたいよ。生まれてくる子供と一緒に暖かな家庭を守っていきましょう。

そんなようなことを書いた。退院して自宅に戻った時に、旦那に誕生日おめでとうと言って手紙を渡した。
旦那はにこにこと手紙を読んでいたけど急に真面目な顔になって立ち上がると
そのままトイレに駆け込んでしまった。しばらくして出てきたら目が赤かった。

そんな旦那を見て、あぁ私はこの人がずっと好きだなあと改めて思った。
引き出しの整理をしていたらその時の手紙が出てきたので記念カキコ。

968: 名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木)12:18:17 ID:D4x
>>967
ええ話や



スポンサードリンク