66: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-16 12:05:09
俺が二年前に経験した修羅場というか修羅場巻き込まれ話。
うちの本社の事務方のA子と当時つきあってた。
この子がまたもてるタイブっていうか、飲みの席でお酌して回ったり、
何かと甘えるのが上手で、男の気をひく素振りしてくるタイプだったんだよね。


引用元: ・今までにあった最大の修羅場



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク



俺も客先から本社に戻ってきたとたん、飲み会ですっかりやられてしまった。
職場恋愛は面倒だということで周囲には秘密にしていたが、
男連中から人気のあるA子と付き合えて、俺も内心で鼻高々という感じだった。

ある晩、帰りに彼女を俺の部屋に連れてきて一息ついてたらインターホンが鳴った。
ドアを開けてみると、別セクションの後輩Bが雨にぬれて立っていた。
こんばんわも言わず玄関先のクツを見るなり
「A子―!いるんだろ、出てこいA子―!」と叫んだ。

すると奥からA子が出てきて
「なにー?あんた何しにこんなとこ来てるの?何の用?」と冷たい声で言い放つ。
後輩B「俺と付き合ってるんじゃなかったのかよ!?
何で○○さん(俺)のとこにいるんだよ!」
A子「あんたには関係ないのよ、さっさと帰れば」
後輩B「ちくしょー!おまえをコロして俺もタヒんでやるー!」
A子「笑わせないでよ、あんた一人がタヒねばいいのよ」
後輩B、発狂したように叫んで雨の中を駆けだしていった。

俺があっけに取られてるとA子が満面の笑みで
「やーねー、Bくん何か勘違いしてるのよ。飲も飲も♪」
あまりの豹変ぶりに俺ドン引き。
マンションの隣の人が何かあったんですかー、と尋ねてきたのを機に
我に返って、A子を帰すことにして駅まで送っていった。

その後Bは会社に来なくなって、いつのまにか退職。
俺もあのA子の恐ろしい満面の笑みが忘れられずに距離を置くようになり、
また客先出向に戻ったこともあって自然消滅。
風のうわさでは、A子は新顔の若い男と見ると次々食いまくっていたらしい。
その後も本社でも三角関係の修羅場があったらしいが、A子は今もまだ本社でいる。
次に俺が本社に戻るときまでにA子は刺されてタヒんでるんじゃないかと思う。

67: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-16 13:16:25
あんた一人でタヒねって……女はコワイなーそういう女はしぶといから、刺されないもんだよ

68: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-16 14:40:15
手のひら返しはよくあることだが新しい男がいる前で平然と言い放つ神経が恐ろしい
トピ主は逃れられてよかったな


69: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-16 15:52:12
Bがヘタレでなかったらトピ主が刺されてタヒぬ危険があったんだよな
地雷女にほいほい近づいてしまうのもどうかしてる


70: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-16 17:02:38
ちょっと気があるそぶりをされたらホイホイ乗ってしまうそれが男の性



スポンサードリンク