※夏に読みたくなる長編→【前編】ぼっちだったから夏休みはホームレスと飯食ってた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

356: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 03:51:09.68 ID:sDW+XZlQ0
夜になると天文部として初めて天文部らしいと言える活動、天体観測をした 

天体観測といっても地面に川の字になって横になり皆で星を見ただけなのだが 

何というか都会のゴミゴミした空とは違い、広い空で見る星は格別だった 

先生も吉井も田村さんもその他も、みんな声を静かに空を見上げてでも楽しそうに星を見ていた 

なんか、青春してるって思った
 

引用元: 高校の時に一人で天文部を楽しんだ話





スポンサードリンク


361: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 03:55:34.77 ID:sDW+XZlQ0
初日で疲れていることもあり、第一回天文部天体観測は一時間程度で幕を閉じた

合宿所に戻ると、俺は一応用意してきた活動日誌に教の活動を記録し風呂に入って寝た

女性陣達はなにやらガールズトークに華を咲かせているみたいであったが、俺は無理はしないタイプなので突入などは特にせず

紳士的に女の子の話声に耳を傾けながら眠りについた

368: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 04:01:17.93 ID:sDW+XZlQ0
朝、目が覚めると時計の針はまだ五時の周辺をさしていた

今までは気がつかなかったが俺はどうやら修学旅行はワクワクしてしまうタイプらしいことが分かった

二度寝はどうにもできそうになかったので外に出て散歩することにすると、外に田村さんがいた

どうやら田村さんもワクワクしてしまうタイプの人間だったらしい

改めて思い返すと、田村さんとはあいさつする程度の仲でしかないので急に緊張してしまった

お互い特に会話がないまま朝を迎え田村さんはそそくさと合宿所に戻って行った

俺は少し泣いた

371: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 04:05:58.49 ID:sDW+XZlQ0
朝になるとしっかり者の女の子たちが続々とリビングに集まってきた

寝巻のせいか吉井や死神にまで少しドキドキしたのは秘密だ

田村さんとは相変わらず気まずかったけどあちらは気にしていないようで笑顔をこちらに向けてくれた

佐倉先生は当然として起きてこなかったので電話を執拗にかけ続けてみた

しばらくして起きてきた佐倉先生に蹴られたのはいうまでもない

372: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 04:06:56.66 ID:sDW+XZlQ0
限界

寝る

起きて残ってたら残り書く

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 04:13:35.22 ID:h13An2ElO
たまにこんな良スレに出会えるから深夜のVIPはやめられない

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 04:19:08.91 ID:/BQYPcCw0
保守は任せろー

391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 04:43:35.91 ID:VZ1t/PW40
切実にこの>>1と一緒に天文部入りたかったわ

402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 05:13:03.93 ID:wtYVX8uSO
追いついたと思ったら>>1は寝たのか

しかし高校生活はおろか中学生活も無かった俺から見れば輝いてるな
充分リア充じゃん

458: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 09:47:35.32 ID:sDW+XZlQ0
起きたらまだあってびっくりしたでござる

続き書くわ、三年分書いてたら俺が死んじゃうから一年の学園祭まで書きます

残り少しだけどお付き合いください

遅筆だから長くなると思うけど

461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 09:49:11.56 ID:IU15YLTzO
ついにきたか・・・

462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 09:51:01.64 ID:6kjLP8zF0
wktk

467: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 09:58:02.02 ID:sDW+XZlQ0
合宿二日目は朝から大変忙しかったのを覚えている

佐倉先生が「昨日はこいつ役に立ってないだろ」と言い始めてたので、俺と佐倉先生が朝食当番になり暗黒物質を作ったり

今日やりたいことを合宿当日に会議したりしたからである

会議の結果午前中は、山道のハイキング、お昼(三チームに分かれてお互いに評価する)

午後は近所の色々体験できるところに行き自作のキャンドルを作る、適当に遊ぶ、晩御飯もチームごとに分かれて作る

そんでもって夜は天文部らしく天体観測という流れであった

470: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:03:09.50 ID:sDW+XZlQ0
佐倉先生との朝食作りはとにかく大変だった

俺は料理なんて目玉焼き程度しか出来なかったし、佐倉先生に至っては味噌汁しかロクに作れなかったからだ

後で聞いた話だが、佐倉先生は実家に住んでいるらしく、当時は家事の大半を母親にお願いしていたらしい

まあ、今もらしいが

結局俺たちは俺が固い目玉焼きと、佐倉先生が薄い味噌汁、二人でキャベツだけサラダを作った
475: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:08:30.76 ID:sDW+XZlQ0
微妙な朝食を済ませると俺たちは早速ハイキングへの準備を始めた

俺は一人だけの自室に戻り今日のコーディネートを考えた、まあ考えるもなにも服に関しては妹の取り説がついていたので組み合わせについては考える必要はなかったのだが

「うーん、少しちがうかなー」

とか一人でファッションショーしてまるで普通の学生みたいなことしてニヤニヤしてた


477: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:14:12.29 ID:sDW+XZlQ0
リビングにいくと女子達が既にキャッキャウフフと盛り上がっていた

どうやらお互いの服について意見し合っていたようだった

今日の服は、吉井がなんかフリフリのスカートで田村さんもワンピースになっていた

残りの二人は普通

なんかこの頃になると俺の心はかなり広くなっていて、なんかもう吉井のフリフリスカートから這い出るボンレスハムみたいな四肢でさえ可愛く思えた

そして、なにを思ったのか俺は朝気まずくなったばかりの田村さんに話しかけていた

481: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:20:26.91 ID:sDW+XZlQ0
「そ、その服可愛いですね」ニヤニヤ

「え、ありがとう」

「に、似合ってますよ」ニヤニヤ

「は、はい」

このように大変短いやり取りを田村さんとしたのを覚えている、今思うと田村さんは気持ち悪がってた気がしてならないが

当時の俺はなぜか「きまった!!」と、お花畑な脳みそで感動していた

佐倉先生は部屋に呼びに行くとまだ服を選んでいた、「運命の出あいはいつ来るかわからないからな」

とか言いながら真剣な顔をして服を選んでいたのが可愛かった

結局俺の意見でスカートを穿いて頂いた


483: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:25:36.30 ID:sDW+XZlQ0
ハイキングは思ったよりも楽しかった

長野は地元より少し涼しいこともあり、のんびり歩く分には気持ちが良かったし

自然の中を歩くと自然と心が穏やかになって皆との会話も弾んだ

まあ、俺は荷物持ちで会話にも入ってなかったから「楽しいの?」と聞かれたら答えに困るが

人が近くにいて、楽しそうに会話してるのを見るだけで俺もなぜか楽しかった

佐倉先生は最後尾で死にそうになってた

485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 10:29:26.02 ID:gCuZCSRk0
>「運命の出あいはいつ来るかわからないからな」 (キリッ

萌え死にそうになるw

486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 10:31:00.49 ID:HZ0XcGug0
佐倉先生可愛すぎだろwwww

487: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:31:48.80 ID:sDW+XZlQ0
残念ながら佐倉先生の運命の男性は現れることがなく、というか他の人と全く遭遇しないままハイキングは終わった

流石にみんな疲れたのかコテージにつくといっせいにソファーに倒れこんでいた、吉井はジュース飲みに行ったけど

佐倉先生はもう死にそうだった、途中からは立ち止まってしまい中々歩きださなかったくらいだ

今考えるとちっこい先生だから歩幅もちっこくて大変だったんだと思う

当時の俺はそんなことには気がつかずに、「がんばりましょうねー」とか言っていつもはクールな佐倉先生をいじって遊んでいた

490: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:39:17.63 ID:sDW+XZlQ0
休憩後、皆でお昼を作ることになった

朝の会議でチームに分かれて作ることは決まっていたので、とりあえずチーム分けをした

結果として、俺は死神と組むことになった

他には、先生と吉井、田村さんと内田さんという組み合わせになった

俺たちのチームは死神が以外とできる女だったので結構テキパキと調理が進んだ

といっても、俺がやったのは精々芋の皮むき程度だったのだが

他のチームよりも早く調理が終わってしまったので死神とタイマンで会話にも挑戦してみた

俺は終始気持ちが悪かったと思うが死神は案外優しくて俺とも楽しそうに会話してくれた

491: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:45:56.11 ID:sDW+XZlQ0
しばらく死神と会話をしていると他のチームも続々と調理を終えたようであった

「せーの!」でそれぞれの作品を見せ合った

お互いの作品を見て最初に俺が抱いた印象は茶色の一言であった

俺&死神、肉じゃが

先生&吉井、生姜焼き的な何か

田村&内田、煮魚

という感じであった

493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 10:48:10.71 ID:JDPRX2Xj0
合宿でつくるメニューなのかそれw

495: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 10:53:42.31 ID:sDW+XZlQ0
結果として料理は全部美味しかった

俺たちの肉じゃがも無難な味をしていたし、生姜焼きもいい味だった

特に煮魚は思わず惚れてしまうくらい美味しかった

みんなでお互いの料理に意見したりしながら昼食は楽しく進んだ

佐倉先生は自分の作った料理を自慢げに俺に見せてきたけど、吉井のおかげであって佐倉先生はあんまり関係ないんだろうなと俺は思った

まあ、楽しそうだったから何も言わなかったけど


500: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:02:45.84 ID:sDW+XZlQ0
昼食を終えて少し休憩をはさんでから、俺たちは佐倉先生の運転でキャンドル作りにむかった

キャンドル作りの体験教室に行くと俺たちの他にも子連れの家族やカップルなどが数グループ体験場に集まっていた

それから説明を聞き、少し苦労しながらキャンドルを作った

キャンドルを作っての感想だが、意外だったのだけどキャンドル作りが案外簡単で初心者でも結構綺麗なキャンドルができたことだった

透明な蝋に着色して海みたいにしたり、ビーズを入れたりして俺たちは思い思いのオリジナルキャンドルを作った


502: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:08:11.00 ID:sDW+XZlQ0
佐倉先生を見ると、佐倉先生は欲張ってビーズを入れすぎたので蝋がケースから漏れていた

なんか可哀そうだから手伝ってあげて一緒にもう一つ作ったのも今となっては良い思い出だ

とまぁ、そんな感じで合宿二日目のキャンドル作りは大盛況のうちに終わった

みんな楽しそうにしていたし、形として思い出に残るものができたので俺も嬉しかった

そのあと、コテージに戻った俺たちはすっかり機嫌が良くなった佐倉先生の提案でかくれんぼとかをして晩御飯までの時間を楽しく過ごした

506: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:16:44.76 ID:sDW+XZlQ0
晩御飯もチームに分かれてつっくた

俺は佐倉先生と組むことになった、結果については言うまでもないと思う

晩御飯を食べ終わるとみんなで第二回の天文部天体観測に出かけた

二日目ということもあり、皆は会話をしながら天体観測を楽しんでいたようであった

天体観測を始めてから一時間ほどが経った頃だっただろうか、佐倉先生が突然「きもだめしだな」

と意味不明なことを言い始めたので肝試しをすることになった

509: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:22:16.46 ID:sDW+XZlQ0
肝試しといっても特にお化け役がいるわけでもなく、コテージの周りを一周するだけという単純なものであった

二人組で行くことになったけど「お前と女の子を夜道で二人きりにするのは心配」

という佐倉先生の粋な計らいもあり俺は真っ暗な中一人で肝試しをすることになった

他のメンバーは二人組と三人組を組み肝試しに臨んだ

俺は三組中の三番、ラストの出発となった

510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 11:22:55.85 ID:qe+wCLQk0
>>509
お前だけ散歩じゃねーかwww

511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 11:23:24.73 ID:L38pM1MR0
そこはさくちゃんと組もうぜw

512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 11:24:38.52 ID:YPbYKqNL0
かわいそうに…

516: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:30:55.68 ID:sDW+XZlQ0
一組目と二組目が楽しそうにキャーキャー言いながら帰ってくるととうとう俺の順番が回ってきた

田村さんが可愛い声で怖かったと言っていたので少しだけちびりそうになった

今思えば友達のいなかった俺は夜間に外出することなど一回もなかったので、あんな時間に散歩をしたのは始めてだったような気がする

歩き始めてすぐになるほどこれは確かに怖いなと思った

なぜなら道には外灯が殆ど無く、たまにある明かりが公衆電話だったりしたので更に恐怖心を煽られた

正直言って怖かったので途中でコースカットすることも考えたのだが、コースカットはコースカットで怖いのかったので正しい道を恐る恐る道を進んだ

517: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:34:58.70 ID:sDW+XZlQ0
肝試しも終盤に差し掛かった頃だっただろうか、俺は背後からガサガサと物音がなるのを感じ取った

ビビったが猫だ猫と自分に言い聞かせ後ろを見ずに前へ歩き続けた

俺と同じビビりなら分かると思うが、夜道で後ろを振り向くのはなんか怖いだろ?

当時の俺もそんな感じでガサガサは気になっていたが振りむけずにいた

521: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:41:02.09 ID:sDW+XZlQ0
すると、しばらくしてガサガサと鳴っていた音が急に鳴りやんだ

俺はどうしたんだろう思い、怖かったが無性に気にもなってしまった

凄く怖かったが自分の中で好奇心と恐怖心が対決し結果的に好奇心が恐怖心に勝ってしまった

そして俺は恐る恐る後ろを振り向いた

遠くの方に白い服を着た女がいた

最初は吉井か?と思ったが良く見ると吉井ではなかった

遠いので顔は良く見えなかったが明らかに吉井ではないことを俺は確信した

白い女は痩せていた

528: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:46:56.06 ID:sDW+XZlQ0
俺は固まった、白い女も固まっていた

しかし、直後白い女がなぜか猛ダッシュで俺に向かって走り出した

当然俺も猛ダッシュで逃げた、100メートル16秒の快足で風を切るように無我夢中で走った

しばらくすると前にコテージの姿を確認することができた、コテージの前で田村さんたちが笑顔で手を振っていたが俺には手を振り返す余裕なんてなかった

無我夢中でコテージまで走り切った俺は田村さんたちに口早に「腹が痛いので部屋にいます」と言って自室に戻り震える体を布団に包んで泣いた

531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 11:50:05.59 ID:IU15YLTzO
クソワロタwwwwwwwwwwwww

532: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/09/08(木) 11:51:06.49 ID:fGIyG3EU0
そこは振り返してやれよwwwwwww

534: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:53:39.77 ID:sDW+XZlQ0
しばらくすると心配をしてくれたのか田村さんが部屋を訪ねてきた

田村さんは心配そうに声をかけてくれたが、恥ずかしくて泣き顔は見せられなかったので布団の中から返事だけを返した

今思うと声で泣いてることなんかばれてたんだと思うけど、当時の俺はそこまで頭が回らなかった

三十分くらいすると今度は佐倉先生が部屋を訪ねてきた

なんか聞いたことのない位優しい口調で「花火するぞ」って言ってきた

俺はお腹が…と言って抵抗してみたが、業を煮やした佐倉先生に布団を剥ぎとられて半ば強制的に外まで連れて行かれた

536: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 11:59:00.63 ID:sDW+XZlQ0
外にいくと皆が笑顔で俺を迎えてくれた、顔は涙でぐしゃぐしゃだったけど

それから佐倉先生が花火を持ってきて皆で花火をした

俺は終始ビビりまくって隅の方で辺りを警戒しながら花火をしていたけど、みんなは楽しそうに花火をしていた

佐倉先生は「もう若くもないからねぇ…」と言いながら俺の横にちょこんと座って蛇花火をしていた

二日目はそんな感じ、花火が終わったら俺は怖くてすぐに寝た

白い女の正体は未だに分からない、もしかしたら佐倉先生だったのかもしれないけど恥ずかしいので未だに聞けないでいる

546: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:05:31.81 ID:sDW+XZlQ0
三日目は特に書くことがない

昼までは適当に談笑や写真撮影などをして、お昼過ぎには地元に帰った

集合写真も撮った、俺は嬉しくて部室に飾った

楽しい合宿はこんな感じに終わった

そして俺たち天文部は部の存続をかけて学園祭への準備を始めた

549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:07:11.72 ID:kfzSZMFI0
やだ青春してる

550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:07:33.69 ID:/BQYPcCw0
部に入ってくれたの?

556: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:13:17.34 ID:sDW+XZlQ0
合宿から帰ってくるとまたいつもの天文部の生活が始まった

朝一人で学校に向かい、昼までは部室で勉強

昼過ぎに佐倉先生が来てからは二人でビデオを見たりゲームをしたりとまぁそんな日々がしばらく続いた

たまに佐倉先生が来ない日は一人で一日を過ごすこともあったが、俺は気にせずお盆休み以外毎日天文部に通った

友達と遊んだりは特にしなかったけどなんか毎日が楽しかった

一回だけクラスのやつらが集まってるのを目撃した、なにやら学園祭の準備をしているみたいだった

流石にもう泣くことはなかったけど、俺は忘れていたことを思い出した

559: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:18:01.34 ID:sDW+XZlQ0
そういや学園祭の準備全くしてねーぞ

そんな大事なことをお盆が終わり夏の日差しが若干弱まった頃になってようやく俺は気がついた

合宿の楽しさで忘れていたが天文部は現在いつ廃部してもおかしくないような状態

正しく言うと学園祭で発表をしなければすぐに潰れてしまう弱小部だ

学園祭は九月の上旬、二学期開始直後

俺は慌てて佐倉先生に電話をした

560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:18:01.67 ID:1blMNnNJ0
やばいおもしろい
仕事そっちのけで、このスレ張り付いてるわ

>>1って今も学生さん?

570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:26:56.77 ID:0yVs6X570


合宿中の写真うp!


571: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:27:30.48 ID:sDW+XZlQ0
>>560
今は大学生

「先生、今すぐ部活に来てください」

「だるい」

「アイス買ってあげますから」

こんな感じのやり取りをしてとりあえず怠け者の佐倉先生を部室に呼んだ

佐倉先生は本当に嫌そう顔をしていたけど、問題が問題なので俺は勝手に説明をした

「このままじゃ天文部がなくなります」

「んなわけあるか」

「あります」

「合宿した」

「学園祭は?」

佐倉先生はそういえばみたいな顔をしていた

575: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:35:45.13 ID:sDW+XZlQ0
>>570
俺は集合写真しか持ってないからうpはきつい

そして次の日から生徒一人先生一人の天文部で学園祭に向けての準備が行われた

話しあった結果、吉井さんが所属する調理部と合同で喫茶店のようなものをやることになった

詳しく説明すると、空き教室を暗幕で暗く簡易プラネタリウムで星を映し出す

そして調理部が作ったクッキーなどを出しお客さんに良い感じに休憩してもらうという物だった

先生の提案でキャンドルも作って安値で売ることにした

次の日から、衣装や調理に必要な材料などの買い出しに俺は勤しんだ


582: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:41:17.91 ID:sDW+XZlQ0
買い出しはきつかったが、生まれて初めてまともに参加する学園祭に俺は少しワクワクもしていた

買い出しを済ましてからは佐倉先生と一緒にキャンドルを作った

しかし、佐倉先生は売れ残るとかそういうことを気にしないでたくさん作っていたので、俺は数を調整するために飲み物等の買い出しに走ることもしばしばあった

調理部の試食もした、といっても佐倉先生への差し入れを頂戴しただけなのだが

そんな感じで夏の後半は佐倉先生と二人で学園祭の準備を頑張った

596: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:48:55.53 ID:sDW+XZlQ0
九月になり新学期が始まるとまた辛い日々が始まった

同級生達の黒い肌とチャラくなった頭髪、楽しかった夏の思い出が聞こえてくるたびに俺の心は締め付けられた

ガリデブの頭は以前にもまして鋭く尖り重力に逆らい、肌は真っ黒でこの夏の充実を見せえつけられているような気分になった

俺はこの日久しぶりに寝たフリをして午前中を潰した

授業が終わるといつものように昼飯を食べ図書室にもいった

図書室につくと田村さんが合宿での集合写真と俺と佐倉先生のツーショット写真をくれた

俺は嬉しくなり久しぶりに火の鳥を読んだ

598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:50:49.84 ID:mdqN9oVQ0
火の鳥好きだな

599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:52:30.04 ID:VTIq1D/cO
さくちゃんいいなぁ
先生としてはダメな先生なんだろうけど

601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:53:20.67 ID:IyFgKNBR0
いい学校だな。はみ出ても逃げ場があるのはいい学校だよ。

602: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:53:49.37 ID:sDW+XZlQ0
しばらくすると部室に行った

佐倉先生がキャンドルを作っていたので一緒にキャンドルを作った

特に会話はしなかった、黙って二人でキャンドルを作り続けた

佐倉先生に写真も渡した、なんか嬉しそうだったから後日部室に飾ることになった

そうこうするうちに学園祭前日を迎えた

605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:55:45.82 ID:YPbYKqNL0
キャンドルってお前ら何部だよ!

611: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 12:58:52.01 ID:sDW+XZlQ0
学園祭前日は午前中から授業がなく、学園祭の準備の日に当てられていた

そのため、俺は朝学校に行くと教室にはいかず部室に荷物を置きに行った

教室ではクラスのやつらがクラスの出し物を準備しているだろうから行かなかっただけだ

俺がいても邪魔なだけなのはわかっていたのでこの判断に至った

天文部が使う空き教室に行くと、誰もいなかったので一人で準備を始めた

613: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 13:04:26.53 ID:sDW+XZlQ0
しばらくすると佐倉先生が教室に来た

先生は俺を見つけるとびっくりした顔をしていたがすぐに

「相変わらず一人かよww」

と笑って作業を手伝ってくれた

俺も「相変わらずってなんですかww」とか言って笑って対応しながら作業を続けた

作業と言っても教室中に暗幕を張って、机を並べてテーブルクロスをかけるくらいだからすぐに終わった

内装を準備し終えてからは試しにプラネタリウムをつけてみた

本物には負けるけど結構綺麗で感動をしたのを覚えている

619: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 13:10:20.80 ID:sDW+XZlQ0
そのあとは教室の外につける看板とを二人でせっせと作った

今思うと佐倉先生は黙って手伝ってくれたけど、本当は教師がするような仕事ではなかったような気がする

二人で不器用に看板を作ったけどなんか楽しかった

看板が完成してからは翌日の学園祭に向けて練習をした

調理部と合同ではあるもののあちらはお菓子の製作担当なので、接客に関しては天文部が担当しなければならなかったからだ

俺と佐倉先生は似合わないエプロンをつけて二人で客役と店員役を回して下校時間まで練習をした

627: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/09/08(木) 13:13:55.42 ID:NUhMB4Vi0
>>619 練習風景想像してきゅんきゅんした

632: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/09/08(木) 13:15:14.11 ID:sDW+XZlQ0
その日の夜は本当に眠れなかった

学園祭に参加するのははじめてだったし、学校でなにかをするのも初めてだったからだ

その日は久しぶりにSOS団もこんな感じに文化祭を迎えたのかなぁ、とラノベ脳明日の楽しい一日を考えながら妄想して寝た

翌日は学園祭初日の校内発表、俺の人生で忘れられない一日が始まろうとしていた


□高校の時に一人で天文部を楽しんだ話シリーズ
1話目 2話目 3話目 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)