35: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 01:51:38 ID:1H4gqBAq
otu 
正月等親戚が集まる席には参加したくない。 
でも、親は来いと言う。 
何故行きたくないか…それにはちゃんとした訳があるんだよ。 

小学2年位の事だったと思う。 
その日も親戚が家に集まっていた。 
近所に住む叔父が子供(従兄弟)が寝てしまったので家に連れて帰るというので一緒に付いて行った。 
 

引用元: 墓場まで持っていく話を書き込むスレ 第14話



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク

私は叔父になついていたと思う。
叔父宅に着くと従兄弟を二階に寝かせ、一階に叔父と一緒に降りてきた。
叔父が何故か電気を消した。
そして、後ろから抱きしめられた。子供だった私はどうしていいかわからず言葉が出ずにされるままだった。

しばらくして叔父の手が私の股に。肌着の中に手を入れてきて触られました。
怖くて、怖くて。でも、どうしていいかわからずされるままだった。
しばらくして戻ろうか、と叔父が言い離してくれたので、
急いで玄関に行き、「自分で帰る」とひきつった笑顔で急いで靴を履いた。
叔父は「待って!」と言っていたと思う。
でも怖くて「大丈夫!」とか言いながら走って自宅に戻った。


もちろん、親や他の親戚が「どうした?おっちゃんは?」と聞いていたように思うのだけど、
何と返事したのかはもう覚えていないけどただ笑顔を作っていたのは間違いない。
「これは誰にも言っちゃいけない!」と幼いながら思っていた。
心臓がバクバクしていたことは覚えている。
私が帰宅してしばらくして叔父が戻ってきた。
その時の叔父の顔は今でも覚えている。

続く


36: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 01:53:48 ID:1H4gqBAq
それからというもの親戚の集まりがある度に叔父に体を触られた。

最初の日のような感じではなくただ抱きしめられたり、抱きしめられながらお尻を触られる程度。
私が一人になるのを狙って(トイレに行った時など)必ず叔父が来るので、怖くて従姉妹に一緒にトイレに来てもらったりした。
でも、後から来た叔父が従姉妹に戻っていいよ、みたいな事を言ったのだと思うけど結局私一人になってしまってまたいつものように…

状況は色々だったけれど叔父に触られるのは私が中学を卒業するくらいまで続いた。

こんな事、親はもちろん親戚にも言えない。
私の味わった恐怖を叔父に何かの形で仕返しをしたいと思った事もあったけど、その事については今だに誰にも話せずにいる。
もちろん、叔父にも何も言ってない。今だに(もう35歳の子持ちなのだけど)叔父と2人きりになるのは怖い。

これが私が唯一墓場まで持っていく話。


37: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 01:58:47 ID:L2roEDy6
何なんだろうな。こういう事するのって。
オノレと血の近い人間に何でそんな気が沸くんだろ。


38: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 03:11:48 ID:G+HfyIQV
そういえば私も母方の田舎へ行ったとき、
親戚(かなり遠縁)の兄ちゃんにベッド連れ込まれて体触られてたなぁ。
小3と小6の頃だったっけ…
異性の体に興味沸く年頃とはいえ、何も年下少女を触らなくても。

結婚前提に付き合ってる恋人がいて、隠し事はなしねって言われてるけど、
これ、言わない方がいいんだろうなぁ。


40: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 13:05:29 ID:w4Pt6U4S
>>38
絶対言うな。 分かれたら言いふらされるのがオチ。


41: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/31(土) 18:17:39 ID:+2H4eO2s
「隠し事なしね」なんて言う人は、過去を気にするタイプだろうしね。




スポンサードリンク