292: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/21 22:52
実家のじぃちゃんが危篤のとき、嫁の出産予定日とじいちゃんの山場が一緒だった 
ので、駆けつけて最後を看取る事が出来なかった。 

俺はじぃちゃんッ子で大変可愛がられたんだけど、90歳を過ぎた大往生だったし、 
親類一同ほんのりした雰囲気で「やっとじぃ様も逝くか」なんて感じで「お前は 
初子の誕生を見届けろや~」ってお言葉もあったのでそれに甘えた。 

引用元: 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part31



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク

そのまま予定通りに「子供の誕生と、爺さんの命日が同じ」なんて有りがちな
展開にはならず、20時間の難産の末、一日違いで息子は産まれた。実家は日帰り
できる距離なので「判ってれば爺ちゃんを看取ってから戻ってきて…」なんて
チョッと悲しかった。

293: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/21 22:53
今年4歳になる息子になんとなく問いかけてみた。
「ママから産まれてきたときの事覚えてるかい?」「うん。暗いトンネルの
中を光に向かって出てきたんだよ。」息子は無邪気に答える。ほほぉー、
幼児が出産のシーンを覚えてるってのは本当だったんだ。すげーな、おい。

他にどんな事おぼえてるんだろう?そう思いつつ「ママはすごい大変だった
んだよ。まるまる1日くらいかかっちゃったんだ。」果たして子供に時間的な
概念があったのだろうか?「うん。僕も一生懸命出てこようとしたんだ。」
おぉ?結構正確に覚えてるものなのか?そう思ってると息子が続けて言う。
「だけどね…」えっ?




「おじいちゃんが僕を引っ張って出させてくれなかったんだ。」…じぃちゃん…

294: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/21 23:14
>>292->>293
乙。こわいというより物悲しい話ですな。

ひとつ興ざめの話をすると、子供ってのは人の話すことを鮮明に覚えてるもんだから
「おじいちゃんが僕を引っ張って出させてくれなかったんだ。」ってのも親戚のおじさん
が誰かが話していたのを聞いて覚えたんだと思う。
えっ何でそんな言葉しってんの?って事がよくある。

296: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/21 23:28
>>295
息子じゃなくて孫だと思うのだが

297: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/21 23:32
>>296
だな、怪奇・孫の嫁(の穴)に隠れる翁



スポンサードリンク