52: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 00:33:14.67 ID:ESoeXumrO
豚切りすまん。明日休みだから昔の話を投下する。多少フェイク有り。年齢は当時のものです。 

姉子 20歳 どえす 
妹子 18歳 ねくら 半ヒキ 
僕男 19歳 姉子の下僕 しかしどえす 
スト男 30代 姉子のストーカー 
私子 19歳 ふつこ 第三者 

私家は父がイケメン、母は副顔。子供はみんな女。そんな家族構成をしていました。 
姉子と妹子は父親の家系の血を受け継ぎ、美人。私子は母親の家系の血を受け継ぎ丸い副顔。 
そんな感じで、近所でも有名な美人姉妹(笑)でした。 

引用元: ◇修羅場◇part118



スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサーリンク

しかしどちらかと言えば、妹子は姉子に劣っていた為、近所やクラスメートにからかわれる事が多かった。
幸いにも姉妹に似てなさ過ぎた私は、クラスメートも近所の人達も「あ、ごめん」みたいな空気でスルーだった。

54: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 00:43:30.40 ID:ESoeXumrO
姉子は成長と共に美しく育ち、周りからもチヤホヤされていたので「超わがままお嬢様」に
私子はバカだったし妹子よりは比べられず、姉子に可愛がられていたので「普通のちょっと地味な女子」に
そして、妹子は高校時代遂に引きこもり一応進学はしたが、殆ど出席せずオタクぽい人達と連む「引きこもり」になってしまった。

妹子が引きこもりだしてすぐ位から姉子は妹子から離れる様になった。
妹子はそれに対して尋常ではない憎しみを抱く。

これが無ければ今でも三姉妹仲良くやっていられたかもしれない。

55: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 00:45:34.41 ID:nMCb03NB0
キャッツアイみたいにはいかないな支援

56: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 00:49:19.95 ID:ESoeXumrO
姉子と私子、妹子の三人が大学へと進学して数ヶ月たった頃。
姉子は自分の後輩で私子と高校が一緒だった僕男と、それなりに良い関係になっていた。

そんなある日、姉子が僕男にCDを貸すために実家に僕男を招いた。
たまたま、居たのは私を含め三姉妹のみだったため姉子は僕男をリビングに待たせていた。

59: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 00:53:49.00 ID:ESoeXumrO
そこにキッチンへと自分の飲み物を取りに来た妹子が通り掛かり、僕男と鉢合わせしてしまった。
タイミング良く(?)私子も久しぶりに僕男と話したくて部屋から出てきた為一部始終を見ていた。

僕男「あ、お邪魔してます~」

軽い普通の言葉に、妹子は赤面。何故かキャーキャー良いながら自室に戻ってしまった。
私は内心気持ち悪い(本当ごめん)と思いながらも
リビングに入り僕男と姉子を待ちながら話していた。

62: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:04:04.10 ID:ESoeXumrO
そして姉子がCDを持って来たので、三人でたまたま父が借りてきていた古い邦画のDVDを見ながら色々話していた。

丁度映画がクライマックスに差し掛かった頃、再び妹子が現れた。

妹子の格好に、どうしたのかと声を掛ける前に言葉を失ってしまった私達3人。
なんと言葉にしていいのか解らないが原色のドキツイワンピース、落書きの様な化粧。
ただ、頑張ってお洒落しました!みたいな雰囲気だけは出ていた。

妹子「に、似合うかな」

俯きがちに発せられた細く小さな声。
私達三人は顔を見合わせる。なんと言えば傷付けないのか…そんな事を考えてた気がする。

64: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:11:29.99 ID:ESoeXumrO
「妹子ちゃん、姉子が化粧してあげるよ。後一緒に洋服見に行こうよ」

沈黙を破ったのは姉子の声だった。それは嫌味だとかではなくて、姉子は純粋にお洒落に興味を持ってくれて嬉しい!みたいな感じだった。
でもその反応と姉子の声に妹子顔を上げて発狂するかの如く叫ぶ。

妹子「なんでアンタが居るんだよ!!!」

さっきまでの、か弱い態度は一体…?となりながらもなんかアニメのキャラの名前を叫んでた。
多分なんか「りさや」?みたいな名前だった気がするけど解らない。

流石に私も姉もどうして良いか解らない。第一妹子と声を聞いたの事態3ヶ月ぶりみたいな感じで。
どう扱っていいのか解らなかった。
ちなみに無視していた訳では全くない。私子も姉子も毎日、大学へ誘い。ご飯に誘い、色々自己満足かもしれないがしていた。

65: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:14:19.66 ID:EBd+dUH6i
デュラララの臨也か

66: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:15:32.90 ID:ESoeXumrO

とりあえず解っているのは、僕男がきっかけで妹子に何かスイッチが入り。姉子がそれをより悪化させた事くらい。
どうやら、妹子は私には敵意を示して居なかったため私が妹子の話を聞く事にした。

だけど、僕男と姉子が二人っきりなるのを妹子が許さなかったため姉子は自室、僕男をリビング。
私子と妹子はリビングの見えるキッチン。そんな風に別れた。矢っ張りどうしても妹子が異常に見えたし怖かった。


68: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:21:16.67 ID:ESoeXumrO
支援さんくす
>>65
読めない、りんやだったら多分違う。

とりあえず、妹子はかなり病んでいて電波だった。
最初はアニメキャラの名前を発する→僕男を指差す→私の彼氏。の繰り返し。
もうね、なに言ってるのかと。わかんないの。

ただ徐々に話を聞いてたらりさや?がアニメキャラだって事だけは理解できた。
そして僕男とそのアニメキャラの見た目が似ていると泣きながら訴えてきた。
携帯でそのキャラを見たけど髪型とかは似てたかもしれないけど
顔はアニメと普通の人間の顔だから、私には全く理解できなかった。

69: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:25:30.69 ID:g60treWv0
支援
>>68
臨也は「いざや」

70: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:26:01.54 ID:ramG2uVjO
妹子病みすぎだ試演

71: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:26:12.81 ID:EBd+dUH6i
臨也(いざや)だよ。脳内彼氏がこいつってことなら、かなーり痛いな妹子。

72: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:26:30.95 ID:ESoeXumrO
そして、妹子は泣きながら「姉子がとった…私子ちゃんから姉子を怒って」みたいな事まで言い始めた。
私は大人しい方だが気が長い方ではないし、何より姉子と僕男の恋を応援していたのでイライラして

「僕男が好きなのは姉子だよ。姉子も多分僕男が好き。ちょっと現実的に考えて」

とやんわりでは有ったけど妹子に伝えてしまった。妹子は「僕男は私子の友達」と思っていたらしく、ぽかーんとし顔面蒼白。その後真っ赤になった。

そして立ち上がると階段を駆け上がり姉子の部屋に入っていった。

73: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:32:00.06 ID:ESoeXumrO
>>69>>71
そのいざやはなんか凄い目つき悪い?
なら多分それだと思う。

続き。
慌てて妹子を追いかけると取っ組み合いになってる妹子と姉子。

明らかに姉子は押しのけようとしているだけ。妹子は血走った目で「殺してやる!」と叫んでた。

そこに僕男がやってきて姉子を庇うように妹子を引き離す。
妹子は完全におかしかった。泣き声なのか怒鳴り声なのか解らない声で

「りさや(?)君を騙してなにが楽しいのよ!このビ〇チ!」

と叫んだ。一同ぽかーんです。僕男はりさや(?)君じゃないです。


78: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:35:14.96 ID:ramG2uVjO
しかし妹子も心ないクラスメイトや近所の人の犠牲者だな

79: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:37:11.45 ID:i/fDcLkM0
だからって人に迷惑かけていいわけ無いもんなあ。
加害者は姉でも姉彼氏でもないよ。

80: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:38:42.07 ID:ESoeXumrO
あげてしまった…。すまん

続き。
僕男「いや俺…僕男だし」
その発言に妹子「嘘付かないで!」と発狂し自室に帰って行った。

それから姉子と二人で僕男巻き込んで悪かったと謝罪して帰って貰った。
帰った後、姉子が「嫌われたかな」と泣き出してしまい、初めてみた姉子の泣き顔にも吃驚したがすごく悲しくなった。

一応両親にも伝えたが、この時点で両親は「妹子は生きてさえ居てくれたら良い」と腫れ物に触るみたいな状態であまり意味がなかった。
だけど余り両親を責めないで欲しい、こうなったのにも妹子が死ぬ死ぬ詐欺を働いた事が関わってきたりするので。
それに一応カウンセリングには連れて行ってくれたんだ。意味はなかったけど

84: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:44:45.25 ID:ESoeXumrO
この騒動以来、姉子の私物がよく盗まれるようになった。
犯人は解っていたが姉子は、妹子と関わりたくないのか無視していた。

だけど一週間程たって妹子が急に姉子と私子に謝ってきた。
そして姉子に化粧してほしい。服を貸してくれないかと言ってきた。

私達も鬼ではないし、身内だと言う事もあり許してしまった。
そして姉子の化粧と洋服で姉子に劣らない位になった。

それから妹子は人が変わった様に毎日姉子に化粧して貰い大学に行くようになった。
友人も増えたようだった。

私子も姉子も両親も良かったって本当に思った。

87: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:50:10.71 ID:ESoeXumrO
ある日、妹子家に男性を連れてきた。それはスト男だった。姉子はひきつっていた。
「いつも私に色々してくれるお礼に紹介したい人が居るの。ほら僕男君の事色々しちゃったからずっと気してたの…」

と両親そして私、姉子に伝え、スト男と共に家へと入ってきた。ちなみにスト男は見た目は至って普通です。
変質者ぽいみたいな感じはしなかった。多汗症ぽいなくらいで。

90: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 01:56:38.46 ID:ESoeXumrO
そこから、妹子喋る。兎に角喋る。如何にスト男が優れているか、私が付き合っても良いんだけど…姉子に譲る!みたいな感じ。

この時点で可笑しいんだけど、この頃の私たちは妹子が明るく生きてるなら良いかな。みたいにかなり麻痺して病んでたから、話に聞き入ってた。

ただ姉だけは真っ青で足が震えていたので。私も両親も「付き合っちゃいなさいよ☆」と言えるまでは病んでいなかった。

そして徐々に両親が姉子を心配し始め直ぐに私の携帯が鳴った。

「あれたふんすとーかー」

机の下で打っていたのか件名にそれだけ書かれていた。宛先はもちろん姉。
間抜けな声で叫びそうになったが母の方へと携帯を見せた。

92: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:02:04.53 ID:ESoeXumrO
母「…たふ、ん?すとーかー?」

空気読んで!本当にそう思った。お母さんのバカ。でもその言葉に父も私の携帯を覗き
母の言葉で妹子とスト男は理解したみたいだった。でも妹子は強気だった。

妹「ストーカーって、お姉ちゃん自意識過剰じゃない?」
「ちやほやされてるからって、みんなお姉ちゃんを好きになる訳ないじゃない」
「化粧したら私もお姉ちゃんもそんな変わらないし。同じ様な顔してるんだからさ」
みたいな事を笑顔で言われて、姉はただ妹子を睨んだが、となりにスト男が居るせいか
普段の強気は消え失せていた。多分恐怖のが大きかったんだと思う。

94: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:05:13.40 ID:H9oJ2R+a0
これいつの話なの?

95: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:07:59.23 ID:ESoeXumrO
徐々に暴言に変わる妹子の言葉。

「お姉ちゃんって胸でかすぎw気持ち悪」
「口元にゴミ付いてるよ?あwホクロか」
「顔だけしか取り柄ないんでしょ」

多分ずっと劣等感を感じてたのか、暴言は全て容姿に対してだった。でも姉子は耐えてた。

妹子「てか私僕男と付き合う事になっちゃった」

そう言った瞬間姉が机をバシン!と叩いた。

姉子「で?なに?」

切れちゃったんだなと思った。でも姉子は笑顔だった。ただ何というか馬鹿にした様な何とも言えない感じだった。

97: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:13:58.73 ID:ESoeXumrO
>>94 
三年位前。

つづき。

妹子「…え…だから…」
姉子「僕男君のフルネーム言える?」
妹子「え…え」
姉子「えw付き合ってるのに言えないんだぁ…あなた遊ばれてるんじゃないの?」
「あっごめんねぇ。私浮気相手の分際でこんな事言って」
妹子「へ?なに?え?え」
姉子「え、だから僕男(フルネーム)と付き合ってるの。二番目かもしれないけど」
妹子「だって…こないだ…疎遠て」
姉子「バカじゃないの?アンタに本当の事言うわけないじゃん」

私も姉子が僕男と付き合ってると聞いた時は、え!?ってなりました。
二人とも明らかに疎遠になってましたからね

105: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:22:14.91 ID:ESoeXumrO
姉子「あっ今から浮気相手の私は別れるから、本命の貴方が呼んでね」
妹子「…なんで何時も私が虐められるの」姉子「そういう所でしょ。私はプライド高いから下に思われるのが嫌なの」
「それにアンタみたいに比べた人が悪いとか他人のせいにしたくないの」
「だから前向きになるべく明るく振る舞って努力してるの」
「私と貴方には殆ど差がないんだから、明るい人かうじうじ自分の中に籠もる人。どっちが魅力的に見えると思う?」

姉子の言った内容は正直曖昧だがこんな感じだったと思う。

106: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:24:44.86 ID:MmjAuvg5O
もう少し急いでくださらんかのぅ…

108: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:28:37.72 ID:ESoeXumrO
妹子「」
姉子「それからストーカーさん」
「こないだ大学にまで来た時警察に言われたでしょ。付近をうろつくなって」
「次は刑務所だぞってもしかして忘れた?」
スト男「あんなの僕と君の壁だ。だけど君が男と付き合うようなビ〇チだとは思わなかった!」

そう言ってスト男はお茶菓子についていた竹串で姉子の目を刺そうとした。
が、鈍い音とともに撃沈立ち上がった姉がかかと落としを決めて机に頭を打った模様。

妹「もういいよ!私が消えれば良いんでしょ!」

と両親を超ちらみ。助けてくれると思ったんだろうか。

110: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:35:08.02 ID:ESoeXumrO
じゃあ此処からは簡単にしますね。
・父「わかった縁切る」
・妹発狂
・姉は警察を呼ぶ
・スト男タイーホ
・妹子大学中退 絶縁
・最近姉子、僕男と結納
・結納当日妹子来襲
・妹子電波が悪化
・彼男父が警察官
・投げ技と共に警察にご厄介
・精神科に入院

こんな感じです。書きだめはそれなりに有ったのですが、遅くなりすぎたのですみません簡単にまとめました。

支援などありがとうございました。
初投下とまとまらない文章ですみませんでした。

111: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 02:57:55.22 ID:hqhbu3QE0
早い内に病院へ連れて行かなかった両親が糞。

112: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 03:22:36.44 ID:BErZKFSj0
末っ子が病気だったのに、親も二人の姉妹も誰も病院につれていかず放置して
虐待し続けて
どうしようもない重症にまで追い込んだ話か

どう見ても、カプ板じゃなく家庭板の修羅場スレ向けだな
あと、虐待した側の家族虐待話は見ていてひたすら不快

113: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 03:37:19.26 ID:wwqnct5P0
>>112
末っ子?
よく読みもしないで叩いてるのが丸判りのゴミレスだな

114: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 03:43:45.23 ID:D0eIwiaR0
>>111-112
これがゆとりか…

115: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 03:44:34.55 ID:ESoeXumrO
>>111
不登校になった位からカウンセリング受けてたよ。
>>112
よく読んでくれ。
姉子が距離をおいたのを指すなら単純に
妹子が姉子を敵対視してたから。

虐待はしてないよ。
叩きたい気持ちも解るけど。
病院に言ってカウンセリングは受けてました。

117: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 04:16:38.39 ID:zqHXKMrg0
結局、精神を病んでしまった人は警察沙汰にならないと入院にはならないんだねえ
カウンセリングで、では入院しましょう、なんてなる訳ないのか


120: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 08:46:32.83 ID:yMsB1tve0
カウンセリングに丸投げしてたのが
虐待いわれてんじゃないの?
自分がかわいいから関わりたくない、
カウンセリング受けさせてるからいいだろで
逃げてただけじゃん。
他の医者探すとか、もっとやりようあっただろうに。

121: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 09:19:36.17 ID:Ws7ynHaq0
>>35
まじレスすると、警察はなにかないと中々動いてくれない。

とりあえず一人にならないように

132: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 13:20:21.65 ID:r0K6w+51P
これは精神を病んでる実娘の治療を放棄した>>52の糞ネグレクト親の脳内が修羅場なのか

姉二人の容姿に嫉妬して片方を悪人に仕立て上げて2ちゃんに投下する>>52の顔面と性根が修羅場なのか
この程度で投下しちゃう作者様(笑)根性で知能が修羅場なのか
糖質がネットを使用して詰まらんSS投下することに寛容な日本社会が修羅場なのか

134: 恋人は名無しさん 2012/01/31(火) 13:28:42.32 ID:8xtuZohW0
すげえはなしだと思うよ

姉子は美人で人妻になってヒトゴト
妹子は美人だけど精神いかれてる、警察沙汰もおこす
普通でたぶん親と同居してて、
きっと両親の面倒見る家つき親付き普通の顔の>>52は確かに修羅場だわ。



スポンサードリンク