405: 名無しさん@HOME 2012/04/23(月) 14:04:00
小学4年生の時、2週間程両親が帰ってこなかったのが今までで最大の修羅場 
失踪とかネグレクトとかじゃなくて、 
共働き多忙両親間での連絡の不備からくるものだった 

「○日から●日まで出張だから」 
「うん、こっちはその後で○日から●日まで出張だから」 
みたいな、ほぼ同じ日程なのに違う週だと二人とも勘違い 
鍵っ子だったから、家に入れないとかはなかったけど2週間1人はさすがに辛かった 

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £38





スポンサードリンク



当時教師が大嫌いで相談するなんて頭の片隅にも浮かばなかったし、 
隣人も気味が悪い人だと勝手に思っていたので頼らなかった
何故か独りでいることを周りに気取られちゃいけない
ちゃんと生活しなきゃ!って異常に燃えてたな

お米が少しあったから炊いて卵御飯、卵なくなったら塩、マヨネーズ、醤油
米が尽きたらシリアル(牛乳が無かったのでそのままw)や食パン
2週目は節約するために朝ごはん食べないで学校行ってたなあ
給食の時間が凄く待ち遠しかったw

先に母親が帰ってきたけど、父親もいなかったと話したらこっちが申し訳なくなる位謝ってきたよ
そして母親の電話で父親もすっとんできて同じく謝られた
その時やっと、どちらかの勤務先に電話すればすぐ解決したんだなと思ったよ

411: 名無しさん@HOME 2012/04/23(月) 14:10:03
>>405
あなたしっかり者ね
そして両親はうっかり者
何事もなくてよかったね
私だったら交番走るわw